作業効率1.5倍?私がマルチディスプレイを勧める理由。

パソコン作業する方なら1台は持って置いて損はないモニター。メインで使うも良し、マルチディスプレイとして使用し作業効率も挙げられます。仕事はもちろん、ディスプレイとしてテレビや映画などテレビ代わりに使っている人も多いのではないでしょうか。

今回は作業という観点からマルチディスプレイを使う理由についてお話したいと思います。

またそんなモニターの中でも価格が安く、品質の良い国産メーカの「I-O DATA モニター 23.8 インチ」を紹介します。

マルチディスプレイにするメリットとは?

私は1日の半分以上パソコンの前で作業することが多く、なるべく早く仕事を終わらせる様に工夫しています。
そんな中でも周辺機器は仕事を早く切りあげるためには重要で、追加モニターもその一部です。

みなさんの作業スタイルにもよりますが、マルチディスプレイの最大のメリットは作業効率の向上にあると言えるでしょう。
下記Microsoftの調査内容について記述されたものですが、マルチディスプレイを使用した場合、作業効率が約1.5倍上昇したという報告がされています。

How Multiple Monitors Affect Wellbeing


Microsoft researchers found that switching to multiple monitor configurations could boost productivity between 9 percent and 50 percent.. Tech consultant Jon Peddie Research reported that users of multiple monitors estimated productivity gains averaging 42 percent.

大きなディスプレイを使用することで、見られる範囲が広がり複数の作業を並行にこなすことができます。
例えば日常業務ではスカイプなどで会議に参加しながら作業をしたり、メールを確認しながらそれに関する資料を調査するなど使い方は多岐に広がります。
ノートパソコンですと画面を切り替えながら作業しなければならないので手間がその分、マルチに比べて少なくとも2倍増えてしまいます。
その様な少しのストレスが複数モニターにより解消されるのであれば買わない手はないです。

デメリットとしては、デスクのスペースを取ってしますこともありますが、ペーパー作業がなくPC作業メインであれば多少は仕方ありません。
それよりも問題なのは、PCスペックによってはディスプレイを追加すると、重くなりフリーズしてしまうなんてこともあるので気をつけなければなりません。しかしながら最近のPCはノートパソコンでもスペックが高く低価格のものも多いので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

もうすでにモニターのお持ちの方はその便利さに気づいておられるかもしれませんが、なかなか購入まで至ってないかたの為に格安で品質の高いモニターを紹介したいと思います。
購入して少しでもマルチディスプレイによる作業を気に入ってもらえれば、さらにスペックの高いものやサイズ違いなど検討しても良いかもしれません。まずは試しに.....

売れ行き最高?I-O DATAモニター 23.8インチの魅力とは?

Amazon売れ筋ランキング1位を獲得したI-O DATAのモニター。
注目すべきは圧倒的な安さです。その価格なんと12,980円!ただ安いだけではない品質の高いコスパの良さから多くの高評価を得ています。

I-O DATAのモニターは売れ筋ランキングトップ5のうち3つを占めており、レビュー数も1位のもので500を超えています。

 

映像の綺麗さ申し分なし。

I-O DATAはADS パネルを採用しており下記の液晶に求められる5つの要素を満たしています。

特にこの液晶の注目すべき点は視野角です。どの角度から見ても鮮明に写り方が変わりません。
よって個人使いはもちろん、会議など複数の人数で画面を共有する際も見えにくいなども問題が起きることはなさそうです。

また解像度に関しても超解像技術導入により、拡大縮小による画像のぼやけを自動処理してくれます。

下記Youtube引用なので実際の綺麗さは表現しきれませんが、参考までに。(5分50秒あたりからご覧いただけます)

付属品と端子類について。昇降は可能なの?

[付属品]

  • モニター本体
  • 台座
  • アナログRGBケーブル(1.5m)
  • オーディオケーブル(1.5m)
  • 電源コード(1.8m)

台座に関しては昇降無しと昇降有りの2タイプのモデルがあります。
価格差は約6,000円で昇降機能を付属することができます。

電源ケーブルに関してはACアダプタではなく、内蔵電源型というのが地味に嬉しいですね。
ACアダプタだと配線構築の自由度が下がってしまいますし、見た目的にもあまりよくない気がします。

[入出力端子/音声]

  • HDMI×1
  • DVI-D(HDCP対応)×1
  • アナログRGB×1
  • ヘッドフォン端子×1 /スピーカー付

端子の種類に関しては普段使いするには十分ではないかと思います。

大きなワイド画面とブルーライト低減機能

画面サイズの好みは個人差ありますが、23.8インチでも十分な大きさだと思います。
書斎スペースにちょうどいいとはどうゆことかは分りませんが(笑)、下記の画像でもわかるように普通のノートパソコン(13インチ)の約2倍ほどの大きさになります。

また本モニターは「ブルーリダクション」というブルーライトを低減させる機能を備えており、ブルーライトメガネなどで対策する必要がなくなりました。ブルーライトカット対応の眼鏡をかけた事があるかたはは経験あると思いますが、普段見えている景色が少し黄色がかって見えると思います。

このモニターも同様でブルーライトカット機能を使うと、画面の色が少し変化してしまいます。しかしながら低減の度合いは5段階調整出来、1〜3段階ぐらいであれば、それほど変化は分りにくいです。

気になる価格は

繰り返しにはなりますがAmzon公式価格で12,980円になります。保証も3年ついており、この品質でこの価格。1台購入を検討してみてはいかがでしょうか。

(楽天市場はなぜか2万円台で販売しています。。。)

 

 

おすすめの記事