空気清浄機能付き照明のベストはこれ! クーキレイと天井空清を徹底比較

部屋の「油」「煙」「匂い」。

卓上調理の油煙や匂いは、お部屋を汚しているのをご存知だろうか。

リビングの焼肉などの匂いや油っ気を取り除いてくれる換気扇機能付きの照明が「空気清浄機能付き照明」である。

サイズは部屋のサイズに合わせて、小さいものから大きいモノまで展開しており、機能性も商品によって異なる。

今回は、Amazonや楽天、価格comでも口コミレビューの多い、「富士工業 COOKIRAY (クーキレイ)シャープ 天井空清 FP-AT3を徹底比較する。

特にどちらを購入しようか迷われている方は、是非参考にしてほしい。

COOKIRAY (クーキレイ)

クーキレイは、レンジフードの国内トップシェアのの技術が生んだ照明である。

4層のフィルターで空気を清浄しながら、ユーザー好みの明るさでダイニングを照らすことが可能。

この商品紹介動画を見ていただけると、大まかな仕組みがわかっていただけるだろう。

シャープ 天井空清 FP-AT3

HEPAフィルター搭載の本格空気清浄機「シャープ 天井空清 FP-AT3」は、業界初のLEDシーリングライト一体型空気洗浄機である。

こちらの商品も一度動画を見ていただきたい。

COOKIRAY (クーキレイ)と天井空清の比較

ここからはCOOKIRAY (クーキレイ)天井空清を口コミ・ユーザーレビューを参考にしながら比較したいと思う。(参考サイト:Amazon、楽天、価格com、購入者のブログ

デザイン

クーキレイ

天井空清

クーキレイ(左)は、「クーキレイBE」の製品開発にプダクトデザイナー廣田尚子氏を迎え、デザイン性に特化している。そのデザイン性は、2016年のドイツの2つのデザイン賞「iFデザイン賞」「レッドドット・デザイン賞」を立て続けに受賞するなど、国際的にも認められている。一般的なリビング照明ではあまり見かけることのない、個性的なデザインが特徴的だ。

また色展開・デザインバリエーションが豊富で以下のような商品も展開している。

【長期保証付】富士工業 cookiray(クーキレイ) C-BE511-B(ブラック) LEDペンダントライト 調光・調色 リモコン付 CBE511BK
富士工業 C-DRL501-TW クーキレイ 空気清浄機能付照明器具 LEDシリーズ 本体カラー マットホワイト
富士工業 C-DRL501-TBK クーキレイ 空気清浄機能付照明器具 LEDシリーズ 本体カラー マットブラック
LED照明/LEDライト 【脱油フィルターのオマケ特典あり】 クーキレイ LEDタイプ FULモデル ペンダントライト ダイニング照明 LED照明 脱臭 脱油 脱煙 C-FUL501 有吉ゼミ 【メーカー取寄品】

口コミ・レビュー

天井からテーブルの距離に気を付けて欲しいとあったので、少し大きさがある。

 

対して、天井空清(右)はデザイン賞を受賞したわけではないが、清潔感のある白を主色に、インテリアに合わせやすいシンプルなデザインである。2018年にはGetNaviの家電対象に選ばれている。一般的なリビング照明で良く見かけるのは、天井空清の方だろう。

口コミ・レビュー
取り付けたもののデザイン的には非常に浮いた感じがあるとレビューがあったので、物理的なデメリットはなさそうである。

ファンの音

クーキレイは、運転音に関して情報が少ないため、口コミレビューを参考にする。

口コミ・レビュー
換気するとファンの音が相当大きいらしく、Amazonレビューの大半を占めていた。しかし、小中大のモードで切り替えがあるようなので、使用用途にあった使い方を工夫する必要はありそうだ。

天井空清は、静音モードがあり静音性を保っている。トンボの羽根を応用したネイチャーテクノロジーを採用することで、風量を確保しつつ静かな運転ができる。

口コミ・レビューに関しては、音に関してデメリットような意見がなかったので、気にならない程度の静音性は確かなものだと感じる。

天井取り付けやすさ

クーキレイは、引掛けローゼットや引掛けシーリングのある環境には、ドライバー1本で簡単取付が可能である。商品重量も5.3kgとそこまで重くはない。

口コミ・レビュー
シーリングライトを付けられる部分に簡単取り付けが可能で、工事なども必要なく、普通の照明のように取り付けが可能というレビューや、初めから耐荷重のローゼットなら取り付けは簡単というレビューが見られた。また壁や天井に換気口を開ける必要もないので、賃貸でも設置可能である。

ポイント
購入前に、設置したい場所の仕様を確認する必要がある。

 

天井空清は、本体の重量は8.5kgでクーキレイに比べると少し重量がある。取り付け方法は、一般的な家庭用の照明と同じだが、少し重量があるので、取り付け業者にお願いするのが無難である。

口コミ・レビュー
重量が8.5kgあることから、一般家庭向けではないという意見があった。一般に、天井は天井部材を支える強度しかもっておらず、このような重量物を取り付けると、落下はしないまでも、年数とともに天井が徐々にたわみ、下に垂れ下がってくるそうだ。複数の内装業者や工務店が、そのように口を揃えて話しているそうだ。シャープの公式ページでも、天井に十分な強度を確保するように念押している。

換気能力

換気能力は、空気清浄機能付き照明を選ぶ際の最も重要なポイントの1つである。

クーキレイは、独自の4層フィルタープレフィルター、脱油フィルター、脱煙フィルター、脱臭フィルタ)で汚れた空気をろ過し上部から排出する構造になっている。

プレフィルターで調理時の油を捕集し、脱油フィルターでプレフィルターを通り抜けた油を吸着する。そして脱煙・脱臭フィルターでそれぞれ煙と匂いを除去する。

先ほどの動画を見ていただくとイメージが湧きやすいと思う。

口コミ・レビュー
焼肉などのときは 床はツルツル、匂いは翌日にも残る状態だったが、クーキレイのファン使用で油の飛び散りや匂いが 0とは言いませんが、本当に少なくなったという意見や、油の量によりますが、5回くらいの使用で脱煙フィルターについた匂いが脱臭フィルターを通り越して部屋に匂いがあったなどの意見があった。

即効性はなさそうだが、夜中に付けっ放しで放置しておくと次の日には解決されたという意見があったので、使い方には工夫が必要である。

天井空清は、フィルターとファン、プラズマクラスターイオン発生ユニットを組み込んでおり、床に置く空気清浄機レベルの清浄機能を搭載している。

一番表側にプレフィルターがあり、その内側に脱臭フィルターと一体型の静電HEPAフィルターがあり、下方のパネルの隙間から空気を吸い込み、天井に近い部分に設けられた排出口から浄化された空気が吐き出される仕組みになっている。

口コミ・レビューに関しては、換気能力に関してデメリットような意見がなかった。やはり床に置く空気清浄機レベルの清浄機能を搭載していることから、その実力は明らかである。動画を見る限りでは、クーキレイよりは即効性がありそうで調理時の煙や匂いだけでなく、埃やあらゆる粒子物質も清浄するため、汎用性は高いと言える。

照明機能

クーキレイは、シーンに合わせて調光・調色を合わせることができ、ダイニングの明るさを自由にコントロールできる。

温かみのある電球色と、自然な色の昼白色の切り替え機能を搭載している。

口コミ・レビュー
照明は、調光と調色ができるので、部屋の雰囲気を変えることができるといった意見や、照明としての明るさは充分という意見があり、照明に関しては満足度の高い意見が見られた。

天井空清は、寒色から暖色まで10段階で調色でき、明るさも10段階で調光できる。消灯タイマー(30分と60分)と常夜灯も装備している。

また、「全灯ソメイヨシノ八重桜」と光色を変えることが可能で、様々なバリエーションが楽しめそうだ。

こちらの動画で全モードを試しているので、参考にしていただきたい。

口コミ・レビュー
口コミ・レビューに関しては、照明に関してデメリットような意見がなかったが、八重桜とソメイヨシノをイメージしたピンク色の優しい光でくつろぎの空間を演出できそうだ。

価格

クーキレイ
【長期保証付】富士工業 cookiray(クーキレイ) C-BE511-B(ブラック) LEDペンダントライト 調光・調色 リモコン付 CBE511BK
富士工業 C-DRL501-TW クーキレイ 空気清浄機能付照明器具 LEDシリーズ 本体カラー マットホワイト
富士工業 C-DRL501-TBK クーキレイ 空気清浄機能付照明器具 LEDシリーズ 本体カラー マットブラック
LED照明/LEDライト 【脱油フィルターのオマケ特典あり】 クーキレイ LEDタイプ FULモデル ペンダントライト ダイニング照明 LED照明 脱臭 脱油 脱煙 C-FUL501 有吉ゼミ 【メーカー取寄品】
天井空清

まとめ

以下に、主観的な意見は入ってしまうが、総合評価をした表を示す。

クーキレイ 天井空清
デザイン
ファンの音 ✖️
天井取り付けやすさ
換気能力
照明機能
価格 ◯(商品によります)
総合評価

口コミ・レビューを見る限りでは、両製品ともまだ問題点があった。例えばクーキレイに関しては、「ファンの音がうるさい」ことが目立った。天井空清に関しては、「重量が8.5kgあることから、一般家庭向けではない」などお互いの製品に改善点が見られた。

以上の結果から、私の主観で総合評価をすると、クーキレイは星3.5つ、天井空清は星4.5つをつけた。
クーキレイに関しては、ファンの音がやはり気になったのと、換気能力/照明機能で天井空清より汎用性は無さそうに感じた。対して、天井空清は、天井の取り付けの問題点はあるが、クーキレイを上回る静音性と換気能力、照明機能を持っていると感じた。
この記事が、ご購入される前に参考になれば嬉しい。特にどちらを購入しようか迷われている方には、是非最後まで読んでいただいて購入を検討してほしい。
おすすめの記事