【使用レビュー】2020年iPhoneは裸で使いたい。オススメのスリーブケース。

iPhoneはカバー無しで持ち歩きたい。でも不安。

スマホを何もつけずに持ち歩いている人はどれくらいいるだろう。各ブランドがこだわったデザインをそのまま活かして持ち歩きたいと思う人も多いはず。

一方でiPhoneなど素材にガラスを使用している商品も多く、落としてしまうとすぐに気づついてしまう。

そんな方にオススメのスリーブケースを前回一度紹介している。

ただ今回は実際Amazonや楽天でオススメされている商品を実際使用してみ手のレビューをしたいと思う。

SYRINX HASAMU 

今回紹介するのは『SYRINX HASAMU』というレザースリーブケース。

主な特徴は

  • 丈夫で最高級と言われる北欧産の成牛のベンズを使用
  • ただ一枚の革で作られた無駄のない美しいフォルム
  • 傷から守れる上に、落下時も防げるサイズ感
  • 革独自の使用感とフィット感。使えば使うほどあなたらしくデザインされる
  • すぐに取り出せるので、発熱から解放される

実際の使用レビューから、良いところ悪いところを検討しよう。

本革 iPhone スリーブ ケース SYRINX 「はさむ」【送料無料】

デザインは申し分なし。

今回選択した色は「Agave」。深緑の落ち着いた色合いが特徴のレザーケース

まさに無駄がないデザインで、シンプルにかっこいい。封を開けた瞬間に香る皮の匂いがなんとも素晴らしい。

なめしが変われば、革も変わるとはよく言われるが、HASAMUは植物タンニンなめしを採用している。

特徴としては、使い込んだ時間に合わせて皮が柔らかくなり色艶が増していくところ。革製品ならではの自分で成長させていく感じが男のロマンを感じる。

デメリットとしは雨などの水に弱い点があげられるが、基本的にポケットに入れる方が多いと思うので問題ないだろう。

使い心地はどうか

使用するとともに、使用感が変わっていくので、最初は少し硬く感じる。

特に最初の方は、収納しているときにSiriが起動してしまうほど、キツくフィットしていて、出し入れも大変だった。が1週間もすれば少しずつ柔らかくなり、今やその問題も解決されている。

肌触りは良いのはもちろん、滑りにくい素材なので、滑らせてうっかりスマホを落とししまうこともない。

丈夫な厚革で、スマホがしっかり収まるので、角もしっかりカバーされている。

ただ収納する際に空いている1角についてはぶつけてしまう可能性があるのは否めない。

その他嬉しい点・残念な点

使い勝手が考えられており、下部は空いている。

これは音を出力するスピーカーが下部についているので、ケースをつけていても、しっかり音楽や通話を楽しむことができる

加えて、エースを付けたまま充電ケーブルをさすことも出来るので、安心だ。

残念とは言わないが、革製品なので手入れが必要なのが少し面倒。

オイルを塗って、経年劣化による光沢が失われて、カサカサになっていく恐れがあるので、日々ケアしてあげる必要があるかもしれない。

しかしそもそも染料とオイルをたっぷり含んでいるので、そうそうメンテナンスは必要なさそうというのが個人的な感想である。

本革 iPhone スリーブ ケース SYRINX 「はさむ」【送料無料】

まとめ

いかがだっただろうか。カバーなしで使用したい人にとってスリーブケースはメリットが多いのではないだろうか。

スリーブケースからスマホを取り出した時にケースを持ち歩かないといけないという点はあるかもしれない。

しかしそれも嗜みと思えば、よりiPhoneのデザインを楽しむことが出来る。

ぜひ一度手にとって使ってみてほしい一品だ。

おすすめの記事