【まとめ】2020年は最高の睡眠習慣を!Dodowを使えば5分で寝れる?

睡眠の質をあげて1日を快適に過ごしたい。

生活リズムを作るのはなかなか難しい。平日は仕事に行き、休日もゆっくりする日もあれば、働いたり、飲みに出かける事もある。

毎日就寝時間を決めて効率よく寝たいものだが、習慣にバラツキがあると眠りに着くのに時間がかかる。

大切な事は「寝るまでに脳を徐々に休ませ、睡眠の時間である事を認識させる」

瞑想したり、スマホを見ないようにしたり、お風呂に使って体温をあげたりと色々ある。

そこで今回は『Dodow』という今注目を集めている睡眠改善デバイスを紹介したい。

”Dodow”で睡眠習慣を改善

デバイス自体はかなりシンプルな構造。ただ今回革新的だったのが、そのアイデアにある。

『天井に照らされた青いライトに合わせて呼吸する』それだけで2.5倍の早さで眠りにつけるという。

  1. 青いライトが広がるに合わせて息を吸う
  2. 青いライトが小さくなると同時に息を吐く
  3. 繰り返し行う

なぜこれだけで睡眠につきやすくなるのか。

睡眠に大切なのは呼吸のリズムであり、自然な眠りにつく最適な呼吸法がある。

極端に考えれば分かりやすい。ランニングなどの運動時や、普段仕事で感じるプレッシャーやストレスは呼吸が自然と早くなる。

これは体の脳のパフォーマンスを上げるために効率的な酸素補給は必要不可欠なのだ。

一方で脳と体を休ませるには、普段の生活と同じリズムで呼吸していては中々眠りにつけないのもイメージできるだろう。

深呼吸のようにゆっくりすぎず、かといって速すぎず、眠りに最適な呼吸を見つけるのは難しい。

そんな呼吸のリズムを整えてくれるのがDodowの素晴らしい所だ。

呼吸と瞑想に関係している?

公式ページでは述べられていないが、瞑想と関係があると私は考えている。

この商品を友人に紹介した所「瞑想すればすぐ寝れるよ」と言われたが、確かに一理ある。

瞑想にも色々あるが、有名なのは呼吸に集中して、他に何も考えないようにする方法だろう。

ここで大切なのは”何も考えない”という事。実際何も考えないのは無理なので、呼吸に集中しているのだが、つまる所、脳をリセットさせるようなイメージだ。

これは睡眠前にも効果的で「明日何しよう」、「今日の仕事は忙しかった」など布団に入るとついつい考えてしまう。

その思考傾向を呼吸に向かわせることにより、脳が空っぽになり、自然に寝ているという事に繋がる。

Dodowはそんな瞑想アイテムとしても活躍できる。特に瞑想は集中しようと思っても慣れるまでに時間がかかる。

そこでライトを見て、それに合わせて呼吸すればいい。そんなシンプルな方法だからこそ、誰でも簡単に始められるのではないだろうか。

基本的な機能

青いライトを点灯するシステムに加えて、その他基本的な機能についてまとめておこう。

  • 光の明るさ3段階調整
  • 単4電池3本内蔵(交換必要)
  • コードレスで置き場所に困らない
  • 光のモードは8分間と20分間
  • タッチパッドに触れるだけで操作可能
  • 100日間返金保証付き

買ったその日からすぐに使える利便性を考慮し、コードレスで操作性も簡単。

中でも結果を出しているからこその、100日間返金保証はすごい。

多くのレビューの中でも睡眠改善の声があり、使い続けている人も多い。強気のキャンペーンではあるが、それだけ自信のある商品である事は間違いない。

まとめ

いかがだっただろうか。

睡眠は人生の3分の1を占める重要な要素。最近では睡眠に関する本やデバイスが人気を出しているが、日本人は特に睡眠を十分に取れていない人が多い。

疲れているはずなのに寝れない。睡眠習慣を上手く着けられない。

そんな方はぜひ一度試しに購入してみてもいいかもしれない。

おすすめの記事