【2020年版】大阪名物マダムシンコは父の日に最適!通販でも購入可能

私がまだ小・中学生の頃、母親が買ってきた「マダムシンコのバームクーヘン」を食べて、

「世界にこんな美味しいものが存在するのか。。」

と感銘を受けたのを今だに覚えている。

その味や食感は、当時の私には未だかつて経験したことないモノで、世界一美味しいスイーツだと思っていた。今でもそう言える。

今回は、テレビ・雑誌で話題になり、累計10,000,000個売り上げた伝説のスイーツを紹介する。まだ、食べたことがない!と言う方は是非この記事を読んだ後に、購入して試してみてほしい。

マダムシンコとは?

通信販売でも人気のバウムクーヘンで知られる「マダムシンコ」。名前の由来は、現会長のマダム信子さんから取られているようだ。

2006年に喫茶店としてオープンしたマダムシンコは、箕面本店の他、同じく箕面市内にある彩都店、そして大丸梅田店の3店舗を構えている。

1番の人気商品は、マダムシンコを代表するバウムクーヘン「マダムブリュレ」。

メープルシュガーとフランス産カソナード(赤砂糖)を、バウムクーヘンの上からたっぷりと染み込ませキャラメリゼした、スイーツ。

今ではネット通販でも買えるくらいになってきたが、一昔前は「取り寄せて食べることができたらラッキー」と言われていたほど、伝説的なスイーツである。

マダムシンコ(マダムブリュレ)の美味しい食べ方

マダムブリュレは常温のまま食べるのもおいしいが、他にも様々な食べ方がある。

冷凍・冷蔵・加熱という3種類の方法で、ネットでは加熱派を推している人が多いが、私は冷蔵派である。

冷凍とは、通販で購入すれば最初は冷凍になっている。この状態は上にかかっているキャラメルがパリパリ状態でブリュレに近い食感である。

全体が凍っているのでアイスバウムクーヘンとも言われている。

そして解凍して常温で。常温にすると上のキャラメリゼされた部分がパリパリになり、下のバウムクーヘンの部分が
しっとりなめらかな食感になっている。冷凍時とは違う口あたりが楽しめちゃうんです。

最後は加熱。レンジに入れて温めるだけで今できたようなバウムクーヘンの味になる。上に乗っているキャラメリゼはパリパリのまま。

ちなみに信子さんは加熱式を推奨しているので、まずは加熱式を試してみてもいいかもしれない。

気になるお値段は?

一昔前まで予約して数ヶ月も待たされたこの商品だが、楽天市場で1,728円(税込)と驚きの価格

そして20000件を超えるレビューを獲得しており、創業して14年経った今でも不動の人気ぶりである。

高級感のある上品なブランドスイーツとして、大切な方への手土産・おみやげやお使いもの、お返し、御中元・御歳暮・御年賀などにも人気。

また、入学祝、卒業祝、年忌法要など法事・法要・仏事・弔事といった 御祝・御礼・内祝など祝儀の品としても最適なので、この際に1つ試してみてはいかがだろうか。

人気Youtuberのレビュー動画

カズチャンネルこと、カズさんが2014年にレビュー動画をアップしている。

おすすめの記事