【おすすめ三大ブランド】品質にこだわる人のマネークリップ。

ミニマリストにマネークリップが必須。

持ち物を最小限にミニマルな生活を送る事にこだわっている人は多のでは、ないだろうか。

私もその中の一人で、常にシンプルかつミニマルな生活を送る事を心掛けている。メリットとしては、生活をより効率的に過ごそうと考えるようになり、整理整頓や良い習慣付けに繋がる事だ。

本サイトでもミニマリスト向けの商品は幾度か紹介している。

中でも「マネークリップ編」は好評で多くの方にご覧頂いている。

そこで今回はマネークリップの中でも、ちょっと高級志向で「品質にこだわる。ハイブランド財布」を紹介しようと思う。

ルイ・ヴィトン (Louis Vuitton)

日本人が愛してやまないルイ・ヴィトン。もともとこのブランドのデザインのルーツは日本伝統から始まっていると言われている。

例えば人気の高い「ダミエ柄」は日本の市松模様から。

「モノグラム柄」は日本の家紋にインスピレーションを受けデザインされたのだとか。

そう考えると日本人に人気の理由も、私たちのどこかに慣れ親しむ文化があるからだと納得できなくもない。

さて今回その中で紹介するのは「二つ折りタイプ」のマネークリップ。

真ん中のクリップでお札を挟み、カード収納がありタイプで、とてもシンプル。

畳んでみるとかなり薄く、コンパクトなのでミニマリストには嬉しいスマート感が演出できる。

一方で、お札は分けて別で収納したい場合は、これぞマネークリップと言える商品もある。

マネークリップは金属部のみで構成されている事が多い。しかしルイ・ヴィトンのマネークリップは表面に本革が贅沢に使用されており、高級感溢れる仕上がりになっている。

エルメス(Hermes)

ハイブランドの中でも特に価格が高く、ブランド力も高い「トップの中のトップ」と言っても過言ではにブランド。

エルメスのマネークリップは先ほど同様の二つ折りタイプの財布。

使用されている素材はエルメスが採用している事で有名な「ヴォー・エプソン(Veau Epsom)」。フォルムを崩さない耐久性と独特な光沢感が特徴的だ。

この素材の中でも特に人気の高いのは黒色。他にもゴールドとブラウンがあり、好みや普段の持ち物の色にある物に応じて選べる。一方でデザインがシンプルで落ち着きのある色合いなので、どんなファッションにもマッチする。

プラダ(PRADA)

イタリア「ミラノ」でマリオ・プラダによって生まれたブランドPRADA。

イタリア王室御用達で世界中で人気を誇る。革新という言葉を根底に進化し続けてきており、斬新で新しいデザインが採用されることも多い。

一方で革製品には定評があり、シックで大人なデザインが人気の理由。

プラダの二つ折タイプの財布には、細かい型押しを施したサフィアーノレザーが採用されており、傷や汚れが目立ちにくい仕上がりとなっている。

ロゴの有無で印象が変わるが、よりシンプルなデザインを好む方にはロゴが見えにくい方をオススメする。

まとめ

キャッシュレスに伴うマネークリップ使用率は少しずつ伸びていくのではないかと私は思う。

マネークリップを試しに使用してみると、もう大きな財布を持ち歩きたくなるくらい便利な事に気づく。

普段の生活でいかにクレジットカードや電子決算で全て支払いが出来ていたのかがよく分かる。

ぜひ一度ブランド品だけでなく、その他マネークリップを購入してみてほしい。

 

おすすめの記事