【2019年】今1番キテる人気のおすすめブランドキャップ10選

昨年2018年から最もトレンディーといっても過言ではないストリートスタイルを代表する小物といえばキャップです。様々なコーディネートにフィットする汎用性の高さもさることながら、旬度の高いストリートミックスも手軽に表現できるのがキャップの魅力です。

近年ではシックなデザインが増え、大人のコーデに変化を与えてくれるアイテムとして人気です。コーデに簡単に取り入れることができ、アクセントにもなるので、薄着になるこれからの季節にはぴったりですよね。

今回は、キャップを上手に使いこなす4つのポイント1番キテる人気のブランドキャップ8選を紹介したいと思います。

キャップを上手に使いこなす4つのポイント

「かっこいい被り方、合わせ方がわからないから買っても使うこと少ないな…」
「人と被らなくて、おしゃれな丁度良いブランドがわからず、コーデに取り入れられないな…」

なんて思った事はありませんか?

ここでは、キャップを上手に使いこなす4つのポイントを紹介します。

保守的に攻めるなら、コーデを崩さない無地でシンプルに合わせる

画像出典ーoversea snap.comー

キャップといえば「若者が被るもの」というイメージは間違いです。最近では、タウンユースで使用できるシックなデザインのキャップが増えてきており、大人のコーデ相性は抜群です。

特にシンプルな無地のキャップは、全体コーデを崩すことなく、ファッションコーデに慣れてる感をプラスできる上、アウターと色を合わせれば、統一感のあるキレイ目コーデを作ることができます。

特にシンプルな無地のキャップは、春物のトレンチコートチェスターコートとの相性が良く街中でも見かける事が多いです。今季初のキャップをご購入をお考えの方は、無地のキャップから着こなしの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

ハズし(抜け感)を出す

画像出典ーoversea snap.comー

以下はGoogleトレンドの"セットアップ"の人気度動向を表したグラフです。2019年今季最もトレンドとなっているセットアップを使ったコーデは、キャップで適度な抜け感を作ることで、ゆるめのカジュアル感を演出する事ができます。大人の余裕色気を感じさせてくれるカジュアルコーデは今まさにトレンドです。

また、テーラードジャケットを使ったコーデはキレイ目すぎて、ビジネス感や堅いイメージになりがちですが、キャップで抜け感を作り、柔らかなカジュアルコーデを作ることができます。

ワンポイントロゴでトレンドコンシャスな空気感をまとう

画像出典ーwearー(http://ur0.link/UVQc

近年では、各ブランドがブランドサインデカロゴを配したアイテムを多くリリースしており、存在感を放つスタイルがトレンドとなっています。王道では、Supreme(シュプリーム)、Adidas(アディダス)、Nike(ナイキ)など有名ブランドですね。

そんな中、今密かに人気を集めているのが小さめロゴキャップです。全体コーデに小物として取り入れても、ロゴが堂々と主張しすぎない為、程よくコーデ全体がまとまりができ、なおかつトレンドコンシャスな空気感がまとえるという優れものです。

トレンドコンシャスとは、トレンドに対して意識的、意識している、気づいているさま

自分のスタイルに合ったかぶり方を理解する

キャップのかぶり方は大きく分けて3つのポイントがあります。

 

  1. 浅くかぶる?深くかぶる?

画像出典ーZOZOTOWNー

浅めにかぶることで、トレンド感のあるおしゃれな雰囲気がアップし、こなれ感が演出できます。セットアップと相性が良さそうです。

逆に深くかぶることで、男っぽいカッコ良さのある大人な雰囲気を出すことができます。個人的には、マウンテンパーカーなど大きめのアウターと相性が良いと思います。

 

2. 前向き?後向きにかぶる?

画像出典ーZOZOTOWNー

これも被り方で大きく印象が異なりますよね。後向きは、スケーターストリートスタイルの方に多く見られる被り方だと思います。タウンユースで被るなら前向きに被る方が個人的には好きですが、一概に良いとは言えませんね。

出かける前に、鏡で合わせて自分が良いと思った被り方で出かけてください!

 

3. 前髪上げる?上げない?

画像出典ーZOZOTOWNー

キャップの印象を左右する重要なポイントである前髪です。私は前髪を上げることをおすすめします。理由は前髪をおろすと、どうしても少し子供っぽい雰囲気を作ってしまうことと、髪型によっては前髪が押し潰されてる感が出て、清潔感が失われるのでおすすめしません。

それでも、前髪の残し方でもかなり印象が変わるので、自分の雰囲気にあったスタイリング方法をマスターしましょう。

1番キテるおすすめブランドキャップ8選

ここでは、今1番キテるおすすめのブランドキャップ8選を紹介します。この中からお気に入りの1つが見つかれば嬉しいです。

SATURDAYS SURF NYC(サタデーズサーフニューヨーク)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/T1UR

都会的でモダンなサーフスタイルを提供するブランドのSATURDAYS SURF NYC(サタデーズサーフニューヨーク)。サーフブランドですが、タウンユースとしても使えますし、ベーシックなキャップ(左)ですがネイビーの白のブランドロゴがスタイリッシュです。

黒のボディに白の刺繍でブランドのSのイニシャルの入ったオーセンティックなキャップ(右)です。アメカジに最適なアイテムですね。

SATURDAYS SURF NYC (サタデーズサーフニューヨーク) ナイロン ロゴプリント キャップメンズ カジュアル 男性 メンズファッション ギフト プレゼント ラッピング

BALENCIAGA(バレンシアガ)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/Y2Xv

現在、人気が右肩上がりで注目を浴びているBALENCIAGA(バレンシアガ)。ダッドシューズのトリプルSトレーナーは今何といっても若者の間で大人気ですね。ただ、現在密かに小物アイテムとして注目されているのが、バレンシアガのキャップです。

世界のファッショニスタ御用たちのキャップで、これぞトレンドコンシャスな空気感がまとえる1品と呼べるでしょう。

KANGOL(カンゴール)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/U3Xr

ワンポイントロゴのベースボールキャップで、まず他の人と被らないのがKANGOL(カンゴール)です。1937年英国で帽子の専門メーカーとして創業。リーズナブルながら、故ダイアナ元皇太子妃のほかBEATLES,LL COOL J,サミュエル.L.ジャクソン等、さまざまなジャンルのセレブが着用し、愛され続けている帽子ブランドです。

コットン素材を使用し、アジャスターのストラップ部分にもロゴのカンガルーが刻印されているこだわりの逸品です。

HUF(ハフ)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/dpwV

ストリートファッションが流行である今、一気に知名度を上げ多くのセレクトショップも取り扱っている注目のブランドHUF(ハフ)です

スケーターを虜にしてやまないHUFのキャップは、簡単におしゃれを取り入れることができるので昨今のキャップブームに乗り、人気に火が付きはじめています。

HUF ハフ キャップ メンズ Cap スナップバック Essentials Box Snapback Hat フリーサイズ HOLIDAY 2018 冬モデル 定番モデル 正規品 USAモデル

Heron Preston(ヘロン・プレストン)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/Tybk

ハイエンドストリートの代名詞であるOFF-WHITE(オフ ホワイト)は、力強いグラフィックを配したデザインで幅広い層から人気を集めており、セレブリティが注目しているブランドです。

特徴は、ロシア語で描かれた文字デザインで、どことない男らしさを表現しています。

HERON PRESTON ヘロンプレストン CTNMB キャップ 帽子 イタリア正規品 新品 HMLB001S197660641020

RALPH LAUREN(ラルフローレン  デニムベースボールキャップ)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/1v9l

若者に大人気のラルフローレンのワンポイントロゴキャップですが、今回私がチョイスしたのがデニム生地のベースボールキャップです。インディゴ染めデニム生地のキャップは、休日のルックにラギッドな魅力をさりげなくプラスする優れものです。

インディゴ染めのデニムパンツ、白シャツとの相性が全体コーデの統一感が出ておすすめです。

【クーポン利用で最大1,000円OFF】 POLO Ralph Lauren (ポロ ラルフローレン) DENIM BASEBALL CAP デニム キャップ 帽子 6-PANEL CAP 6パネルキャップ スモールポニー メンズ レディース ユニセックス 【あす楽対応】【RCP】

CANADA GOOSE(カナダグース)

画像出展ーAmazonー(http://ur0.link/0Lj5

社会人の方が休日に着用するダウンとして2017年に一気に話題になったCANADA GOOSE(カナダグース)です。その人気は2019年現在でも衰えておらず、キャップやスカーフ、ニット帽など小物アイテムも展開し続けています。

キャップにしては、主張が強いかもしれませんが、インパクトのあるブランドロゴはパッと見ただけですぐに認識される存在感を放つ1品ですね。

おすすめの記事