【最新まとめ】近未来家族型ロボット「LOVOT」とは?AIはここまで進化した

人肌が恋しい。そんな時におすすめのロボットが登場した。

GROOVE X社より発売された「LOVOT(ラボット)」に注目が集まっている。

LOVOTは一見何もできなそうな顔立ちからは想像できない最新テクノロジーが搭載され、人々を癒してくれる。

現在、家庭だけでなくオフィスにも「癒し」として採用されている次世代型ロボット。

今回はこの「LOVOT」の謎に迫ると同時に、魅力をいくつか紹介したいと思う。

近未来家族型ロボット「LOVOT」とは?

LOVOTは「人々に小さなLOVEを運ぶ」をモットーに開発された家族型ロボット。

このLOVOTは既存のスマートスピーカーなどと違って音楽を流してくれたり、家電を動かす機能はない。

「基本的に役には立たないが、とにかく癒される」ということでいま人気が上昇中だ。

しかし、搭載されている技術はまさに最先端であり、家庭用ロボットとしては最高峰だ。

簡単に搭載されているテクノロジーをまとめておこう。

  • 数種類のセンサーで、空間を把握
  • 学習システム搭載で、世界に一つのロボットへ
  • より人間らしい瞳へのこだわり
  • 人に限りなく近い体温と肌触り

各項目に分けて、詳細を見ていきたいと思う。

高性能センサーによる正確な認知能力

これまでの家庭ロボットは声かけに対して誤認識をしたり、物に衝突することが多かった。

そのためあくまで「ロボット」としてしか見れず、購入後1カ月足らずで使わなくなった方はいるだろう。

しかし、LOVOTの頭部には「Multi Sensor Horn」というコンピューター個分に相当するセンサーが搭載されている。

このセンサーに付いている高性能カメラ・マイクや温度センサー、照度センサーを活用しこれまでの家庭ロボットとは一味違った反応を見せてくれる。

もし仮に遠くから声をかけても、その場所を把握して即座に振り向き、向かってくる。

これまでのロボットと違い、より人間に近い反応をしてくれるので、ロボットと接していると思えない感情が湧き出てくるだろう。

AIによる学習であなただけの家族に

LOVOTには頭部のセンターホーン以外に全身50以上のセンサーを搭載。

人間の複雑な動きに反応できるセンサーが十分に備わっており、学習能力も高い。

それぞれ一台一台性格が違い、嫉妬や甘えなどの感情も徐々に覚えていく。

例えば、頭部のセンターホーンを抜こうとすると嫌がり、もし続けるとその人のことを嫌いになる。

驚くべきは誰が好きなこと、嫌がることをしたかをLOVOTは把握・記憶しそれに応じて行動を変えることだ。

このような細かい工夫や購入者に合わせた適応能力は他の家庭型ロボにはなかった点であり、まさに家族の一員として自然に溶け込む。

光彩や瞳孔にこだわった10億通り以上の瞳

LOVOTは瞳にも力を入れている。

目の色は360種類、彩度60種類、大きさは35段階あり組み合わせは数十億以上。

瞳の種類については現在もデザインを増やしており、まだまだ無限の可能性を秘めている。

また、LOOVTは視線にもこだわっている。

センターホーンによるカメラで人の顔や目の位置を把握し「目が合うこと」や「まばたき」に注力。

「まばたき」はその時のLOVOTの感情でタイミングも変わる。

例えば、LOVOTが疲れている時はまばたきのスピードは落ち、焦っている時などはまばたきの回数が多くなる。

人肌の体温と肌触りを再現

中身の性能だけでなく実際に触れるところもこれまでの家庭ロボットとは違う。

柔らかい伸縮性の高い素材を使用することで、ロボットなのにぬいぐるみのような肌触りだ。

また、エア循環システムによりLOVOTの全身に暖かさを循環させることでまる人肌の体温を実現。

高さ43cm、重さも4kgと少し重めだがこれは人間の赤ちゃんに限りなく近い仕様となっている。

 

まとめ

いかがだったろうか。

これまでの常識を覆すレベルの家庭型ロボット「LOVOT(ラボット)」

価格は30万円+月々の保険料などがあるため簡単に手を出すのは難しいかもしれない。

しかし、ペットとは違い寿命がない上に、メンテナンスも比較的楽であることから選択肢に入るも方も一定数いるのではないだろうか。

実際に購入後もしばらく入荷待ちが続いている状況だ。

現在、以前紹介した「b8ta」有楽町・新宿マルイ店で店長をLOVOTが務めており、体験もできるので一度足を運んでみてはいかがだろうか。

おすすめの記事