【スマホ動画撮影用】ピンマイクはこれがベスト!SONYは良くない??

スマホ動画撮影に最適なピンマイクとは?

最近は個人的にYoutubeに動画を投稿をする人が増えた。

スマホのカメラ性能の向上により、専用のカメラを購入しなくても動画撮影できるようになった。

しかし動画の質が顕著に現れるのは”音質”であり、スマホ付属のマイクでは不十分だ。

今回はスマホで使える”格安ピンマイク”を紹介したい。

ピンマイクの選定基準

格安ピンマイクと言っても、収録した音質が悪ければ意味がない。

そこで今回ピンマイクを選ぶ基準を上げておきたい。

  • 360度全ての音を拾う全方位タイプ
  • 音質テストのYoutubeレビューがある
  • 有線タイプ
  • 収録に問題ないコード長

無線タイプじゃないのか。と思った人もいるかもしれない。この点は価格の低いマイクを購入する場合避けられない。

無線タイプは単価が高く、低価格の物を購入しても、遅延やノイズが発生するのでおすすめしない。

KIMAFUN クリップマイク

ピンマイクもいくつかあるが、中でもYoutbeの使用レビューが多く、評価が高い『KIMAFUN』のクリップマイクを紹介する。

無線ワイヤレスイヤホンにも定評があり、多くんもユーザーが使用するブランドだが、今回は低下価格のものを紹介したい。

最初に簡単に特徴をまとめておこう。

  • 全指向性コンデンサー
  • カメラとスマホ用の2つのモード搭載
  • メタルクリップで服に挟み込んで使用
  • シールドケーブルで断線を防ぐ
  • 6mコードなので、スマホとの距離を担保できる
  • 3.5 mmステレオプラグ/6.35mmアダプタ対応(iPhone8以降は変換アダプタが必要)
  • ノイズ除去用の防風スポンジ付属

まず一番重要な音質についてだが、下記の動画を参考にしていただきたい。

音質はかなりクリアで、人の声をうまく収録している印象。

特に撮影者は車内で収録しているが、ノイズが少なく、話し声がしっかり聞こえてくるのが分かる。

また特に使用者レビューの中でも”使い勝手が良い”と評価されているのは、コード部分

丈夫な構造で壊れにくいのもあるが6mのコード長が特に嬉しいYoutube用で使用される人なら特に、スマホと人物との間にある一定の距離を取らなければならない。

他社のピンマイクはコード長があまり長くないので、撮影距離が限られてします。しかし”KIMAFUN”の場合は6mまで対応しているため、室内での撮影は特に問題ない。

注意点としては、iPhoneで使用される場合は変換アダプタが必要になること。無線ではないので、外での撮影時はコードを気にしなければならないこと。

ただその点を除けば、格安ピンマイクの中でもトップクラスに良い商品と言えるだろう。

SONYのピンマイクは購入しない方がいい

「スマホ ピンマイク」と検索すれば、必ず出てくる”SONY”のピンマイク。

下記動画のピンマイク比較でSONYを取り上げられているが、聞けば分かる通り、音質の問題というよりは、音をうまく拾えてない感が否めない。

よって収録音が小さく、編集で調整する必要があるかもしれない。ただこの点は注意が必要である。

スマホ付属マイクも同様、編集で音量をあげる場合、その他のノイズなどの音量も上がるので、結果質の低い動画が出来上がってしまう事はよくある。

比較から検証しても、KIMAFUNのマイクが優れている事はお分かりいただけたかもしれない。

まとめ

今回はスマホ用のピンマイクを紹介した。

特にピンマイクは一人用の撮影に活躍するので、VLOGをする人などにおすすめだ。

ただ外出時に複数人数で撮影する場合や、周囲の音も考慮したい場合は、ピンマイクではなく別の仕様のマイクを購入すべき。

本サイトでもスマホで使えるマイクを紹介しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

おすすめの記事