高額スマホにメリットなし?私がiPhone XからiPhone 7に変えた理由。

スマホの高額化はいつ止まるのだろうか。

前回iPadと共に生活していくメリットをお話しした。

具体的なレビューについては次回また記載する予定だが、結論から言えばスマホも今の所は必要。

ただスマホにどこまでのスペックを求めるかという議論とは、また別の話だ。

近年カメラや処理速度、ディスプレイにこだわったスマホが高値で取引されている。

私が疑問に感じたのは、果たして日常生活でそこまでスペックは重要なのかということだ。

そんな背景から私は今回iPhone XからiPhone7を購入した訳を説明したいと思う(売却金額でiPad miniを購入)。

iPhone7に変えた理由

そもそもはiPad miniを使うことを前提にiPhone Xを手放した。

スマホに求めるものより、タブレットに求めることの方が多いと感じたのが原因。

よくよくスマホの使い方について考えてみると私にとっては下記がメインだったことに気づいた。

  • 仕事での電話
  • Slackでメッセージの確認(外出用)
  • ニュースを読む
  • LINEやWhatsappなどのメッセージアプリ
  • 予定の確認(リマインド用)
  • Grabを呼ぶ
  • デリバリーサービス(Grabフードなど)の利用
  • 音楽(Spotify)
  • 写真をとる

なんとなくお分かり頂けるかもしれないが、ほとんどが仕事に関することで、娯楽にあまり携帯を使っていなかったのだ。

また仕事で言えば、パソコンで作業することがほとんどで、スマホは外出先の確認orリマインド用として使用してた。

娯楽で言えば、みなさんはYoutube、Netflix、Twitter、Instagram、LINEなどスマホで行なっている人が多いかもしれない。

私の場合は娯楽はスマホではなくタブレットで楽しむスタイル。

その方が仕事と遊びの区別が付くし、何より動画コンテンツはタブレットの方が画面も大きく楽しめる。

上記のことを意識していると、スマホに触れる時間は一日3時間もあれば長い方で、バッテリーも十分に残っているし何の不満もない。

そして私がiPhone 7に変えて良かったと思う点はその軽さにある。やっぱりスマホは携帯するもの。軽くなくてはならないと私は思っている。

最近はスマホの大画面採用が主流になってきている。小型のiPhone SEの新型を待ち望んでいる人も多いのではないだろうか。

ではiPhone XSなどの最新機種を買うメリットはなんだろうか。
iPhone 7の不満点を加えてお話したいと思う。

iPhone 7に変えて不便に感じた所

iPhone X を使っていて、ここは良かったなと感じた所は

  • カメラ機能は素晴らしい
  • バッテリー持ちが良い
  • ディスプレイのクオリティ
  • ほぼフル画面のデザイン
  • ワイヤレス充電

特にiPhone 7を使っていて不便と感じたのは上記の2点。

まず第一にカメラ機能。私はそこまで普段から写真を撮るタイプの人間ではない。

ただセミナーに行った時などでスライドの写真を撮りたい時、iPhone 7だと鮮明さに欠けてしまう。
iPhone Xであれば10mほど離れた距離に座っていても、ズームで写真をとれば十分文字がはっきりと見える。

また書類を写真でスキャンし、PDF化したい時などもiPhone Xはかなりクリアに撮影することができる。

次にバッテリー持ち。

最初にお話したように、スマホはサブ機で触れることが1日3時間程度なのでほとんど問題はない。

ただ時々、お酒を飲みに行って朝方までなってしまった時や友人宅でゆっくりしていた時などに少し苦労したことがある。

使わないと言っても12時間超えてくると、バッテリー残量は知らずの内に減っているなんてことがある。

created by Rinker
¥68,980 (2020/07/04 16:43:42時点 楽天市場調べ-詳細)

その他iPhone Xの良い所を述べたが、それらはそこまで恋しくならない。
確かにスマホを一日中触り、娯楽も全てスマホで終了させる人にとってはiPhone XSなどの最新機種はメリットが多いかもしれない。

ただ私のようにあまり使用しない方にとって、重要なのは携帯のしやすさとある程度の機能性が保証されていれば、iPhone 7でも全く問題はないと感じる。

まとめ

以上が私がiPhone 7に移行した理由である。

私はiPhone 7の購入を勧めたい訳ではない。
ただ強調したいのは、近年のスマホ事情に流されて、高額スマホを買うのは如何なものかということ。

メリットに感じる点は人それぞれ違い、機能で言えば、どこまでのスペックが必要なのかを価格と比較して購入すれば、経費削減にもなる。

今後はAppleがどのような戦略を取ってくるかは分からないが、少なくともこれ以上値段が上がれば、流石にユーザーも着いてこれない領域になるのではないかと私は考える。

おすすめの記事