【2020年】コスパ最高のPCスタンドはこれ!BoYataは仕事の効率をあげる。

最強のパソコンスタンドを見つけたかもしれない。

ビジネスの効率をあげる方法として、何度かノートパソコンスタンドを紹介している。

デスク周りの環境を整える事は、効率だけでなく、仕事をしようという身が入るスイッチのような効果もある。

中でもノートパソコンスタンドは、一度使うと、これ無しでは作業できないと思ってしまうほど、愛用する人が多い商品だ。

今回はその中でもおすすめの『BoYata』のノートパソコンスタンドを紹介しようと思う。

BoYataの魅力とは?

繰り返しノートパソコンスタンドのメリットについてはお話しているので、今回は割愛するので、ぜひ関連記事を参考にしてほしい。

使えば分かる効率の向上が実感できることは間違いないだろう。

さて今回購入したBoYataはAmazonと楽天でPCスタンドで人気ランキング1位に輝いている人気商品だ。

ランキング1位 BoYata正規代理店 ノートパソコンスタンド パソコンスタンド PCスタンド 高さ/角度調整可能 姿勢改善 腰痛/猫背解消 折りたたみ式 ノートPCスタンド 滑り止め アルミ合金製 ホルダー 軽量 Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC/タブレット

簡単に特徴をまとめると

  • 20kgまで耐えらえる耐重性
  • 17インチのパソコンサイズまで対応可能
  • 2段階調整で角度と高さを絶妙に調整できる
  • 滑り止めと保護フックによるPCの安定性
  • 折りたたみ可能で持ち運びも可能

悔しいけど認めざるを得ない

一枚板を曲げたタイプのPCスタンドと比べて散々悩んだ挙句、こちらを選択。
結果、大正解だった。
一番懸念してたのは、両手を乗せてタイピングした時に腕の重さで角度が変わらないか?という点だったが、全く問題なかったです。
アマゾン太郎
各特徴について実際の使用レビューとともに紹介していこう。

素晴らしい耐重性

価格が安いものから高いものまでPCスタンドを試してきたが、クオリティは金額に比例するのではないかと感じている。

低価格のものほど、作業中に安定しなかったり、タイピングに合わせて、スタンドが跳ねるような感覚になる。

しかしBoYataの安定性は素晴らしい

底面がしっかりしており、PCを置く接地面にかけて一切ブレない構造。

加えて折り曲げて使える高さ調整部分が、ある程度の固さがあるため体重をかけても折りたたまれる心配もない。この点高さ調整の際、子供の力では少し大変かもしれないが、一般男性であれば、なんの問題もない。

またデスクとスタンドの接地面だけでなく、PCとスタンドの接地面にも滑り止めが4箇所ずつ配置されているため、PCがずれてイライラさせられることもない。

持ち運びはどう?

高さが調整できるので、スタンディングデスクから、普通のデスクまで幅広く対応できる。高さは最大26cmまで引き上げられるので、机と椅子の高さに合わせて調整すればいい。

収納するときは折り畳み、コンパクトに収納できる

重さは1.5kgと安定性がある分少し重いが、私が普通の鞄でも収納できるサイズなので、日々持ち歩くようにしている。

簡単持ち運びのPCスタンドは前回紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

ちょっとだけ細いお話

その他私の気に入っている点といえば、放熱できる空間があるところ。

動画編集を外出先でもするので、その際どうしてもパソコンが熱を発し、ファンが回りっぱなしなんてことがある。

なるべくPC寿命は長く使用していきたいので、細かい所ではあるが、仕事する上では気にしておきたい点かもしれない。

またデザインに関していえば、アルミが使用されており、チープ感のないビジネスで使用しても恥ずかしくないデザインになっている。

特にレビューの中でも高評だったのはやはり『安定性』。

17インチのPCを使用している方も5つ星の評価をあげるほど、ほぼ完璧に近いPCスタンドと言っていいのではないだろうか。

ランキング1位 BoYata正規代理店 ノートパソコンスタンド パソコンスタンド PCスタンド 高さ/角度調整可能 姿勢改善 腰痛/猫背解消 折りたたみ式 ノートPCスタンド 滑り止め アルミ合金製 ホルダー 軽量 Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC/タブレット

まとめ

今回は安定性を重視したPCスタンドを紹介した。

デメリットとしては1.5kgの重量があるので、持ち運びの際に少し気になる方がいるかもしれない。

ただ1点強調しておきたいのは、PCスタンド業界は価格に比例しやすいということだ。

今回の商品は大体4,000円程度で相場で言えば、真ん中より少し高い。

ただそれだけの金額を出すだけの価値はあったと私は感じている。

 

おすすめの記事