アラサーが掛けるべきメイドインジャパンの上品な高級メガネはこれ!
スポンサーリンク

歳を重ねるとともに、身に着けるものにこだわっていきたい。

 

日本人は身だしなみが大切」という風潮がある中で、特に「足元は気を遣え」と両親からを言われていた。それ以外にも腕時計然り、靴然り。

 

ただ、その中でも眼鏡というアイテムは特殊で、それぞれの個性を見せていく中で1番他人から目線が集まり、評価されがちである。

そこで今回は、メガネにこだわりたいアラサー向けに上品なメガネを紹介する。日本人の顔に合ったアジアンフィットのアイテムをピックしたので、ぜひ参考にしてほしい。

国産眼鏡

日本における眼鏡の名産地は福井県の鯖江市

 

調べるまで知らなかったが日本で生産される眼鏡フレームの9割が鯖江で賄われていることから”眼鏡の聖地”と呼ばれ、イタリアのベッルーノや中国の温州と並んで世界三大眼鏡産地とも評されている。

 

鯖江の眼鏡を語る上で欠かせないのが歴史。

雪国で作物が育たなかった鯖江では、豪農・増永五左衛門が明治時代に技術を持ち帰ったことにより、内職として眼鏡作りが発展した。

当時の鯖江では「帳場」と呼ばれるグループ毎に分担して眼鏡のパーツが製作されており、結果としてヒンジ(蝶番)作りやフレーム磨きに特化した職人が多く生まれた。

 

現在もその分業体制は引き継がれ、一つ一つの工程に伝統的な職人技術が用いられている。

 

職人ならではの心配りが随所に見られる、その精巧さが世界から評価されている。

 

海外製ではなく日本製の眼鏡をかけるメリット

日本人の気質によって細かい部分に掛けられた手間と時間は、まさに「オーバースペック」。

そんな人たちが日本人のために作り込んでいるのだから、サイズ感やブリッジ(左右のレンズをつなぐ部分)が顔にフィットしやすい。

 

「自分に合う形がまだ見つからない」という方は一度試す価値があります。

スポンサーリンク

おすすめ国産高級眼鏡

BOSTON CLUB

BOSTON CLUB

『BOSTON CLUB (ボストンクラブ)』は、日本の代表的メガネブランド『JAPONISM(ジャポニスム)』を手がける企業が新たに立ち上げたブランド。

 

創業時の社名を冠したブランド名通り、約30年前の図面や型を用いたレトロなデザインが特徴福井県鯖江市で作られている、日本製で質のいいサングラス。

多くの著名人も着用している事でジワジワ人気の出ているブランド。

人気HIPHOPアーティスト KOHHさんも愛用しているサングラス。

 

JAPONISM sense

JAPONISM sense

JAPONISM senseは、仏教寺院を取り巻く静寂の雰囲気の中で、デザイナーが深くインスパイアされた京都で誕生した眼鏡。

 

日本人が持つ絶妙な美的感覚をテーマに開発されたデザインは、日本の古来から伝わる5色の伝統的な色や、ツチメなどの日本文化の基本的な要素からインスピレーションを得ているそうだ。

JAPONISM senseの全ての製品は、眼鏡フレームの生産で日本でも世界的にも有名な福井県で製造されています。フレームは、110年以上使用されている職人技を使用して慎重に研磨されています。従来の技術と現代の技術を組み合わせた製造プロセスのおかげで、当社の眼鏡は、デザイン、品質、および美しさの面で革新的で優れている。

紫外線 UVカット めがね JAPONISM メガネ。  智の部分の透かし模様が綺麗です。度入りにするとレンズの厚みが目立ちません

 

EYEVAN

EYEVAN

「着る眼鏡」として、日本初のファッションアイウェアブランドとして誕生したアイヴァン

 

アンティークのメガネやサングラスをデザインソースに、デザインチームが美意識と感性を加え、熟練職人によるハンドメイドで仕上げられた美しいアイウェア。

一時休止後、2018年に復活を遂げるとともに、様々なファッションメディアでも取り上げられ、クオリティの高いファッションアイウェアとして人気。

 

 

Eyevol

Eyevol

「着る眼鏡」として日本初のファッションアイウェアブランドとしてスタートした「EYEVAN(アイヴァン)」から生まれた、スポーツ・アクティブシーンに最適なブランド

サングラスブランドとしてスタートしましたが、2021年コレクションからついにオプティカル(メガネ)ラインナップがスタート。

驚異的な軽さと、クラシックスタイルをベースにした掛けやすいデザインで幅広く使える新定番フレーム。

Ayame

Ayame

「デザインを描く。毎日必ず描く。日本人にふさわしい、時代に淘汰されないスタイルとは?」をコンセプトにアイウエアという小さな世界感を醸し出しているayame。

 

クラシックを研究しながら時代感を求め普遍性とユーモアの接点を見つけ出し、日本の熟練した職人の技がそれを支えてくれます。

単に“細部までこだわったプロダクト”ではなくかける人の願望を叶える、わがままなアイウエアなのが特徴的。

デザイナーやアパレル関連の職につかれている方からの支持が多く、価格は少し高めだが、多くのファンを虜にしている。

 

[Rakuten BRAND AVENUE]ayameNEWOLD URBAN RESEARCH アーバンリサーチ ファッショングッズ【送料無料】
メンズグッズ(ayame OLDSTAR)/アーバンリサーチ(メンズ)(URBAN RESEARCH)

 

BJ CLASSIC

BJ Classic Collectionは 日本人のためだけに創り上げたクラシック スタイルのメガネフレーム。

 

BJ Classic Collectionは単にクラシックヴィンテージを再現するのではなく、日本人の顔の骨格・文化・ファッション等、あらゆる方向から検討し、開発された商品。

またこちらのブランドもメガネの産地である福井県鯖江市で製造されており、職人の技と魂をふんだんに使い、また最新の技術も駆使した、本物志向でかけ心地の良いメガネフレームを仕上げている。

クラッシックスタイルのメガネを掛けてみたいが独特のデザインがちょっとという方には、BJ Classic Collectionのかけやすいデザインはオススメ。

 

KANEKO OPTICAL

KANEKO OPTICAL

KANEKO OPTICAL(カネコ オプティカル)

分業体制でメガネを製作することが一般的な鯖江の中で、自社で一貫した生産を行っている数少ないブランドです。ミラノやパリを皮切りに、NYやアジアといったグローバルな展開を行っている。

 

テンプル(耳にかける部分)はシャープに作られ、フロントの装飾も極力控えめに。

ヨーロッパのヴィンテージを参考にしつつも、日本人向けの鼻幅に調整するなど掛け心地抜群。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事