【2020】手軽に買えて高品質なおすすめスマートタグ3選を紹介!

誰しも一度は貴重品を失くす、もしくは失くしかけてヒヤリとした経験はあるだろう。

最近は電子決済やスマートロックの普及により紛失は減ってきているが、財布などはファッションの一部であり、簡単に手放すことはできない。

そんな中、今注目されているのが「スマートタグ」だ。

「スマートタグ」を使えば今まで通り財布や鍵を所持しつつ、タグをつけておくだけで紛失を簡単に防止できる。

今回の記事は、紛失を防止する「スマートタグ」について紹介しつつ、オススメ3選を紹介する。

スマートタグとはなにか?

「スマートタグ」とはタグを財布や鍵に取り付け、スマホやタブレットなどの端末と接続することで貴重品の位置を把握できるアイテムだ。

BluethoothやGPS機能を使って貴重品の位置を把握し、紛失物や忘れ物をすぐに見つけられる。

サイズもかなり小さく、薄いので財布に入れても全く気にならない。

また、紛失防止だけでなく、前もって子供やペットに渡しておくと災害時に家族の位置を把握したり、安否の確認が可能

実際に、熊本地震の時には安否確認や家族の避難場所を把握できており、そのような面からもスマートタグは注目されている。

おすすめスマートタグ3選

そんな今大注目のスマートタグだが、GPS式やBulethooth型など複雑に様々な種類が販売されており、どれを買えばわからない方が多い。

そこで今回はわかりやすく「価格」「使いやすさ」「機能性」の三つの観点から商品を紹介する。

  • Tile Mate (2020)
  • MAMORIO
  • Qrio Smart Tag

各項目に分けて、詳細を見ていきたいと思う。

手軽に買えて安全「Tile Mate (2020)」

「Tile シリーズ」はこのスマートタグ業界の火付け役とも言える商品だ。

その中でもこの「Tile Mate」は一番安価ながら基本的な機能は網羅しており、導入器としておすすめだ。

この商品は6gと非常に軽く、電池交換も一年に一度でいいためかなり使いやすい。

何と言ってもこの「Tile シリーズ」、紛失の際には約20,000台 の「JapanTaxiタブレット」搭載タクシーが「動くTileアクセスポイント」として探してくれるので紛失物が見つかる可能性が非常に高い。

現在、ローソンで販売が開始されており手軽に買えるのも魅力だ。

価格は1,990円とお手頃でありつつ、スマートタグとしての機能としては申し分ない。

世界最小クラス「MAMORIO」

この「MAMORIO」シリーズも「Tile シリーズ」と同様にこの業界を引っ張ってきたベストセラー商品だ。

「MAMORIO」の特徴はこのサイズだ。19×3.5×35.5mmとかなり小さく、邪魔にならない。

紛失の際は、MAMORIOユーザーや駅や商業誌施設などのMAMORIOスポットと連動して探すことが可能。

ユーザーが増えるほど紛失時に発見されやすくなり、月間30万個の紛失物の発見が見込める。

また、これまでの第二世代ではバッテリー消費が激しく、頻繁に買い換える必要があった。

コンセプトに品質が追いつかず

完璧に動作すれば、いざという時に助かりそうだが、1ヶ月くらいで電池切れしました。
他の方もレビューに書かれているように、ああやっぱりという感じです。交換も手間なので自分で電池交換しました。せめて、分解せずに電池交換可能ならまだしも、公式な電池交換サービスは高すぎます。
Amazon カスタマーレビュー (MAMORIO 第二世代)

しかし、新しい第三世代ではバッテリーが著しく向上され、約1年程度もつことでより使いやすくなった。

価格は2,980円で一年毎に買い替えが必要なので、他のスマートタグと比較すると若干高いのがネックだ。

GPSの位置を定期的に自動保存「Qrio Smart tag」

この「Qrio Smart tag」はタグというよりアクセサリーに近い製品だ。

他社のスマートタグと比べてカラフルで、おしゃれなデザインが魅力である。

紛失防止機能はもちろんだが、タグを通じてカメラのシャッターと押したり、音楽を再生できたりと少し変わった機能を取り入れている。

また、このタグはGPSで位置情報を定期的に自動でスマホに記録。記録が途絶えた場所、時間からおおよその紛失の見当がつく。

サイズは少し大きいため、財布などには向かないが物によっては活躍するだろう。

価格は2,000円と比較的安いため、おしゃれに紛失を防ぎたい方にはおすすめだ。

これらを基にまとめると以下のようになる。

 使いやすさ 機能性 価格
Tile Mate (2020)

MAMORIO

Qrio Smart tag

基本的に今回初めてスマートタグを買う方には全体的にバランスが良くて価格も安い「Tile Mate」

既に用途が決まっていて、あまりタグを目立たせたくない方には最小の「MAMORIO」

紛失防止機能だけでなく、音楽を再生したり他の機能も欲しいのであれば「Qrio Smart tag」をおすすめする。

まとめ

いかがだったろうか。
他にも様々なスマートタグが発売され、各商品がしのぎを削っている。
これ一つでかなりの紛失防止ができるので、特にこれまでよく貴重品を無くしていた方にはぜひオススメの商品だ。
価格も比較的手に取りやすい金額なので、まずは今回オススメした三つの商品の中から、自分にあったスマートタグを検討してみてはいかがだろうか。
おすすめの記事