”いい大人”が選ぶおすすめのローファー これは買い!

社会人や大人なるにつれて、足元を見られることが多くなると思う。それこそ、冠婚葬祭からビジネスシーン、パーティーシーンにいたるまで、おそらく誰もがレースアップの正統派シューズを選んだり、ブランド物の革靴を合わせたり。最近では、ビジネスチックなシーンでもダッドシューズを合わせるなど、足元に気を使う方が増えていると思う。

足元にクローズアップしていえば、大人としての威厳は革靴によってもたらされることがほとんど。しかしシューレースがなく、モカ縫いのローファーには自由なイメージがあると言える。

そこで今回は、いい大人が選ぶオススメのローファーを紹介したいと思う。リーガルやチャーチなど大手ローファーブランドにも負けないくらいの詰まった魅力を紹介する。

SLACK AU-DIMENT

革靴とスニーカーの境界線上で新たなプロダクトを模索するラグジュアリーライン「AU-DIMENT

SLACK FOOTWEARデザイナーKAZUYA YASUDAが日本の革靴職人とマッチアップ。世界中から集めた高品質な材料で生み出すハイブリッドな逸品。 

大判のキルトが甲を覆い圧倒的な存在感を放つキルトローファー。国産レザーのアッパーにはフルブローグやメダリオンでブリティッシュラグジュアリーを表現。

パッと見から只者とは思えないこちらのローファーの魅力に迫る。

異例の2WAY仕様

オン、オフ両方のシーンで活躍する2WAY仕様

キルトはタッセルと一体型になるように構成され、取り外し可能。シンプルなローファーとしても使える2WAY仕様になっている。

冠婚葬祭からビジネスシーンやパーティーシーン、カジュアルシーンまで場面にあった使い分けができるのが魅力的である。

モカシン縫いではなく、ブローギングデザイン

国産レザーのアッパーにはフルブローグやメダリオンでブリティッシュラグジュアリーを表現。

タッセルローファーと呼ばれる革靴は、要するにタッセルと呼ばれるヒモの先端についた房飾りの施されたローファータイプの革靴のことで、モカシン縫いが施されていることからタッセルモカシンとも呼ばれている。

しかし、つま先部分にUチップのようなモカシン縫いが施されておらず、多くのウイングチップに施されている『:』のブローギング装飾になっている。

カジュアルで屋外用かつカントリー風な素朴な印象は、外交的な雰囲気を醸し出しつつアクティブでフットワークの軽いビジネスマンを印象付けることができるのも魅力の1つである。

ソール専門メーカーVibram社のラバーアウトソール

革靴では、滅多に使われることのないVibram社のラバーアウトソールを使用

もともと登山靴、ワークブーツ、スニーカーなどのソールに使用されるビブラムソールは、優れたグリップ力安全性に特化しており多くの登山家に愛用されるほど。

ソールの素材・パターンも豊富で、アウトドアやスポーツ用であれば、濡れている地面でもグリップ力を発揮できるようになっており、革靴のデメリットを全てカバーしている。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はブランド力で勝負しないいい大人が選ぶオススメのローファーを紹介した。

私も父にいただいたローファーをビジネスシーンと普段使いの両方で使っていましたが、「普段使いにリーガルのローファーはこってり過ぎる」と思っていた。また雨で地面が濡れている日は滑ることが多く、気を使いながら歩いていたのを覚えている。

今回の逸品は、2WAY仕様でシーンに合った使い方ができ、雨の日も気を使うことなく使える、全ての問題を解決した1足になる。

また、ローファーながらつま先部分はブローギング装飾になっており、デザイン性でも個性的な一面もある。

この記事を読んで、是非ご購入を検討いただけると嬉しい。

おすすめの記事