【Apple One】サブスクがセットでお得に!特徴・登録方法を紹介

10月31日にAppleは、9月に発表した新サービス「Apple One」を日本で開始した。

「Apple One」では、同社のiCloudやApple Musicなどのサブスクサービスがセットとなり、割安で利用可能になった。

現在Apple MusicやApple TVを契約している人は乗り換え必須のサービスだ。

米国版では「プレミアプラン」があり、アップルウォッチとも連携をしている。

そこで今回は、注目の新サービス「Apple One」の特徴をまとめると共に、登録方法についてまとめていきたいと思う。

「Apple One」の特徴

「Apple One」は同社のサブスクサービスをまとめ、低価格で提供するバンドルサービスのこと。

アメリカやカナダなどでは「プレミア」と呼ばれる、より特化したサービスも展開。

簡単に今回含まれるサブスクについてまとめておこう。

  • 「Apple Music」
  • 「Apple TV +」
  • 「Apple Arcade」
  • 「iCloud」

各項目に分けて、詳細を見ていきたいと思う。

「Apple Music」

Apple MusicはApple公式の定額制音楽配信サービスのこと。

単体価格980円(月額)で7,000万曲以上を広告なしでストリーミングできる。

前から所有していたiTunesの楽曲とApple Musicの管理がiCloud上で一括管理可能な点が魅力だ。

これまでは洋楽に強いと言われていたが、最近では邦楽もしっかりと配信されている。

また、そのシンプルさからアプリ自体の使いやすさは他の音楽アプリと比較しても一番である。

3ヶ月のお試しも可能なので、試したことがない人はぜひ一度体験してみてほしい。

「Apple TV +

「Apple TV +」は、Appleオリジナル番組を楽しむストリーミングサービスのこと。

「Apple TV +」はApple TVのハードのみでしか再生できないと勘違いしている人が多い。

しかし実際には、iPhoneやiPadなどの基本的なApple製品だけでなく、Fire Stick TVなど他社の製品でも利用可能だ。

オリジナルコンテンツも面白いものが多く、スピルバーグ監督など様々な有名監督が手がけるものまである。

また、家族内なら誰でもアクセスが可能なので利用者も多いサービスの一つだ。

「Apple Arcade」

Apple Arcadeは世界初のゲームのサブスクリプションサービスのこと。

単体で月額600円で100タイトル以上のゲームが遊び放題となっている。

気になるゲームの種類や面白さだが、月額600円以上の価値があるという声が多く、評価が高い。

ゲームの種類はアクションやスポーツなど様々なジャンルのゲームが用意されている。

実際にスクエニやセガなどの大手ゲーム制作メーカーも参入しており、クオリティは非常に高い。

iPhoneだけでなく、iPadやMac、Apple TVに対応しており、端末間でのデータ共有も可能。

外出時はiPhone、帰宅後は大画面のApple TVでプレイなど状況に応じて使い分けられる点はもユーザーにとって嬉しい点だ。

「iCloud」

iPhoneは5GBまでなら無料で使うことができる「iCloud」

バックアップの際などには非常に重要な機能であり、日頃から欠かせないサービスの一つだ。

しかし最近の写真や動画などは容量の大きいものも増えてきており、5GBでは足りない場合が多い。

そんな時に用意されているのが「iCloud」のサブスクリプションサービスだ。

50GB、200GB、2TBの3種類から選ぶことができ、50GBであれば月額130円。

「Apple One」契約時は個人は50GBまでiCloud上のストレージに保存可能。

(ファミリープランは200GBまで)

50GBに更に容量を追加した場合も、「Apple One」とは別にプランをアップグレードも可能だ。

「Apple One」の価格

以上の4つのサービスが「Apple One」を契約した場合に含まれれる。

これたを含めた「Apple One」には個人とファミリーの2つのプランが用意されている。

そこで気になるのが、単体で契約するより実際にどれぐらい安くなるのかということだろう。

単体契約の場合

  • Apple Music : 980円
  • Apple TV +   : 600円
  • Apple Arcade: 600円
  • iCloud           : 130円(50GB)
  • 合計2310円  

「Apple One」個人プラン

  • 上記4つのサブスク: 合計1,100円

このようにセットにするだけで月に約1,200円、年間にして約15,000円の節約が実現。

同じようにファミリープランでは、月に1,230円の節約が可能となっている。

この中から2つ以上のサブスクを登録する場合は「Apple One」を契約した方がお得だ。

「Apple One」の登録方法

登録方法はいたってシンプルだ。

  1. iPhoneで設定アプリを開く
  2. Apple ID(名前の部分)をタップ
  3. サブスクリプションをタップ
  4. 「Apple Oneを入手する」をタップ
  5. 個人またはファミリーのどちらかを選択

あとは支払い情報などを登録すれば即時利用可能だ。

他にもApple公式ウェブサイトからでも登録もできるので、リンクを貼っておく。

しかし、前提として端末にiOS14へのアップデートが必要なので注意してほしい。

また、既に2TBのiCloudストレージを購入している場合は一度ダウングレードしてから登録する必要がある。

まとめ

いかがだったろうか。

Appleの全てのサブスクが詰まった「Apple One」

既に複数のサービスを利用している方にとってはかなりお得なサービスだ。

また、この価格でこの内容はかなりコスパが良いので初めて登録する方にもオススメだ。

現在、iPhoneやiPadなどAppleの製品を使用している方は、これを機に検討してみてはいかがだろうか。

おすすめの記事