新型iPad Airにオススメのケースはコレ!用途別に徹底解説

iPad用ケースの選び方まとめ

先週新型のiPad Airが発売されたが、どのケースを選べば良いか迷っている人も多いのではないだろうか。

iPadには様々な種類のケースが用意されているが、どれを選べば良いかはiPadの使い方によって変わる

今回はiPadのケースのタイプとそれぞれの特徴を解説する

iPad用ケース選びの参考になれば幸いだ。

キーボード付きケース

このタイプのケースの魅力はなんといっても文字入力がしやすいこと。

通常、iPadで文字入力をする場合は画面で入力するか別途キーボードを用意する必要がある。

しかしこのタイプのケースにはキーボードが装備されているので、iPadを開いてすぐに文字入力をすることができる

中でもApple純正のSmart Keyboard folioやMagic Keyboardはキーボードの充電やペアリングの必要がないので魅力的。

他社製のキーボードケースは充電やBluetoothの設定が必要といった手間はあるが、値段は比較的安い

iPadをパソコンのように使いたい人、よく文字入力をする人にはオススメだ。

一方でキーボードが搭載されているが故に重いと言うデメリットもあるので、文字入力をあまりしない人は他のケースを選んだ方が良いだろう。

フォリオケース

iPadの保護をしつつスタンドの役割も果たしてくれるのが魅力だ。

フォリオケースは大きく分けて

  • マグネットでくっつくタイプ
  • iPhoneのケースのようにはめるタイプ

の2種類に分類される。

前者はケースの脱着がしやすいが、iPadの側面の保護はできない。

後者は逆で、脱着はしにくいが側面の保護も可能。

迷ったらフォリオケースを選べば良いだろう。

スリーブケース

持ち運びの時のみiPadを保護できれば良い人という人にはこのケースがオススメ。

スリーブケースは革でできている製品もあったりと、質感が高いモノが多い印象

一方で注意点としてはスタンド機能がないので、iPadを机において使いたい場合は別途用意する必要がある

Moft XなどiPad用スタンドと合わせて使うのがオススメだ。

Moft Xは当ブログでも紹介しているのでチェックしてみてほしい。

背面ケース

iPhoneのケースと同じく、iPadの背面のみを保護するタイプ。とにかく軽いのが魅力だ。

前面は保護できないので、ガラスフィルムと合わせて使うのがオススメ

またこのタイプのケースもスタンド機能は無いことが多いので注意が必要。

フィルムについての豆知識

iPadのフィルム選びについても軽く触れる。

iPadのフィルムは大きく分けて

  • ガラスフィルム
  • ペーパーライクフィルム

の2種類。

ガラスフィルムのメリットは保護能力が高いこと。

一方で厚みがあるのでApple Pencilを使うと画面とペン先の距離が遠くなり、書きづらいという声もある。

ペーパーライクフィルムを貼ると画面が紙に似た質感になるので、Apple Pencilでの書き心地が良くなる

一方でスクロール時にザラついた手触りになったり、画面の解像度が落ちるといったデメリットもある。

Apple Pencilの使用頻度が高い人はペーパーライクフィルム、それ以外の人にはガラスフィルムがオススメだ。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回はiPadのケースを紹介した。

iPhoneとは違い、「使い方によってオススメのケースが変わる」というのがiPad用ケース選びの難しいところ。

基本的はフォリオケース。文字入力が多い人はキーボードケース、軽さを重視する人はスリーブケースや背面ケースを選ぶと良いだろう。

iPad用ケース選びの参考にしてもらえれば幸いだ。

おすすめの記事