落合陽一が毎日持ち歩くスマートフォン用プリンター “スマホdeチェキ"

スマホで写真を撮ったらその場でプリントできる便利なチェキについてご存知だろうか。

私も以前はAirDropで相手にデータを送っていたが、チェキ(紙媒体写真)を渡す方が喜ばれるメリットがある。

スマホで撮影した写真を手軽に出力できるプリンタースマホdeチェキシリーズに、スクエアフォーマットに対応した最新機種「instax SHARE SP-3」が存在する。実は雑誌やテレビでもよく取り上げられている若き研究者であり、実業家でもある "落合陽一" が毎日持ち歩いているスマホチェキだそうだ。

今回は、スマホから簡単&スピーディにチェキプリントを楽しめるinstax SHARE SP-3とその魅力を紹介する。

富士フイルム(FUJIFILM) スマホ de チェキ instax SHARE SP-3

スマホの写真をチェキスクエア用フィルムでその場でプリント可能

スマホで撮影した写真をプリントしたい。プレゼントしたい

そんなあなたにおすすめの優れもののアイテムがスマホ de チェキであり、今若年層をはじめ、有名インスタグラマー・インフルエンサーの間でも話題になっているアイテムである。では、そんなinstax SHARE SP-3の魅力と特徴は一体何だろうか。

主な特徴

以下が、instax SHARE SP-3の主な特徴になる。

・スマホとチェキをワイヤレス通信して、その場で印刷
・プリントは、1枚で約13秒の高速プリント
・1回の充電で約160枚プリント可能
・320dpiの高解像度

注意

スマホではなく富士フィルムのカメラで撮影する場合は、対応機種が存在する以下が対応機種一覧になる。
GFX 50S/GFX 50R/X-H1/X-Pro2/X-T3/X-T2/X-T20/X-T100/X-E3/X-A5/X100F

ケーブル要らずのワイヤレス通信

前述のとおりWi-Fiでスマートフォンなどスマートデバイスに接続できるモバイルプリンターで、スマートデバイス内の写真を「インスタントカラーフィルム instax SQUARE」でプリントアウトできる。スマートデバイスに専用アプリ「スマホ de チェキ」をインストールして使う。

写真を撮ったその場で高速プリント

アプリからプリントを開始して「SP-3」からフィルムが排出されるまでにかかる時間は、13。フィルム排出時間については「待たされ感」はあまりないと言える。

ただ、そこから数分、フィルム上に画像が現れるまではやや待たされる。Instagramから、FacebookweiboDropboxGooglePhotosFlickrの写真を読み込んでのプリントも可能であるが、TwitterPinterest非対応なのが少し残念なポイントである。

高精彩・高画質に。豊かな表現力

発色は良くコントラストも良好。白のヌケや黒の深さも十分だと感じられる。プリント画素数は800×800ドットですが、パッと見では「解像度が低い」という印象はない。写真によっては「高解像度」だと感じられることもある。

また、先述した専用アプリ(スマホ de チェキ)に様々な画像加工機能が備わっているので、撮影後に加工して一番気に入った写真をチェキにプリントすることができる。

オリジナル画像から、モノクロ、レトロな世界観風にも加工可能

日付やコメント、自分で記載したタグまで載せることが可能

instax SHARE SP-3の使い方

その場でプリントできるため、その場で楽しむことができるinstax SHARE SP-3。まずはこの動画をご覧いただきたい。

まとめ

今回は、スマホから簡単&スピーディにチェキプリントを楽しめるinstax SHARE SP-3とその魅力を紹介した。

チェキを使えば、チェキにしか撮ることができない味のある写真をフィルムとして残すことができるのと、何と言っても撮った写真をその場でプリントできて、みんなでシェアできることが1番の魅了ではないだろうか。

是非、この記事をキッカケにチェキを楽しんでいただけると嬉しい。

おすすめの記事