[Apple最強説]有線イヤホンを使おう!便利な付属ガジェット紹介

Bluetoothイヤホンは本当に最強なのか。

現在Apple純正のイヤホンを使用しているが、今の所Airpodsなどのワイヤレスに切り替える予定はない。

付属のイヤホンでありながら、音質には大変満足している。

もちろんワイヤレスイヤホンの魅力もたくさんあり、一度使用すれば有線に戻れない人もいるだろう。

しかしながらBluetoothユーザが増える一方で、有線を使うメリットもまだあると私は思う。

今回は有線イヤホンについて、そして付属品として便利なモノを紹介したい。

Apple純正イヤホンのいいところ

簡単に私がAppleのイヤホンの好きな所を上げていきたい。

  • 音質がいい
  • 物理ボタンが使いやすい
  • 密封型ではない耳対するフィット感
  • 音漏れが少ない
  • 見た目がシンプルでかっこいい

音質に関していえば、Appleのイヤホンはバランスが良いというレビューが多いだろう。

特に私が気に入っている部分で言えば、ボーカルパートがクリアに聞こえるという所。
スローなmusicでボーカルメインの曲が聞くことも多く、嬉しい性能だ。

またBluetoothも接続や音質など改善されてきており、使用感も問題ない製品が増えてきた(その分高額にはなる)。

とは言っても、有線イヤホンは同価格のBluetoothに比べ、音質がいい。
データを圧縮、変換など無線用の処理を行う必要がない分、音源のデータをうまく扱えるからだ。

Appleイヤホンの物理ボタンの使用感はいい。
手元で音楽再生の操作や通話、カメラのシャッターなど幅広く活用できる。

またマイク内臓になっているので、物理ボタンに近づけば通話がクリアになるので、調整しやすい。
つまり雑音が多いところなどでは、マイクを口に近づければいい。

これは完全に好みだが、有線イヤホンはかっこいい。

Airpodsはうどんに見えるとは言わないが、なんか出てる感が否めない。
他のBluetoothイヤホンは昆虫が耳についているように見えてしまうし、サイズ感がもう少し小さければと思うことが多い。

ただ中にはBeatsのイヤホンなどシンプルでスポーティーなデザインもあり一概に全てが不恰好な訳ではない。

その点有線イヤホンは「ザ・イヤホン」という感じがして、見慣れている分良い。
着用していれば話しかけずらさも出るし、音楽に集中しているのが分かる。

ただ1番の難点でBluetoothのメリットは、着脱と収納だろう。

有線だとどうしても巻き取って収納しなければならないし、カバンの中でぐちゃぐちゃになっている時もある。

有線のデメリットを改善する便利品

有線イヤホンの一番の故障原因は『断線』。
主に接続部が断線する事が多く、買い替えを余儀なくされる。

今回紹介するのは、この有線のデメリットを避けるための商品。

接続部の保護

まずは接続部の保護から。

コードは柔らかく折り曲げやすいので、使用していくうちに劣化してしまう。
そこで接続部に少し硬めの保護グリップをつける事で、故障リスクを抑える。

またこれを複数購入しておけば、イヤホンだけでなく、PC、スマホ充電器など幅広く使用できるのもメリットだ。

ケースに収納する

次にケースにしまう方法。

有線イヤホンを使用している中には、コードを簡単に巻いて収納する人もいるだろう。

しかし、巻きつけ具合が強いと断線の可能性があるし、ゆるいと解けてカバンやポケットの中で絡まってしまう。
ケースを使えばその点は改善できる。

OFYL(オフィール)イヤフォンポーチ、グリーン (フランス製/オフィール/イヤホンポーチ/イヤホンケース/イヤフォンケース/イヤホン/収納/ケース/イヤホンコード/イヤホンケーブル/絡まない/絡まらない/絡み防止)【メール便発送】OL-CLR/GR

一手間収納に時間を要するが、10秒程度あれば出し入れできるので、問題ではないだろう。

注目商品「ケーブルヨーヨー」。

ケーブルを巻きつけて収納するタイプのもの。

取り出しも線を引っ張れば、するすると抜けていくので、すぐに使用できる。

具体的な使い方については下記Youtube動画を参考にしていただければと思う。

クリップ収納

クリップを使う方法もあり、コンパクトに収納できるので便利。
ミニマリストなら好む事間違いない、シンプルなデザイン。

ポケットに収納していても、違和感なく持ち運ぶ事ができるのは嬉しい。

 

おすすめの記事