第一印象は外見で決まる。清潔感がなぜ重要?印象をよくする方法

見た目に気を遣う。誰もが一度は気にしたことがあると思う。

容姿に関わらず服装など、相手に良い印象を与えたい。
清潔感をアピール、かっこいく、可愛く、誰かに好かれたいなど目的は人それぞれだろう。

中には気にしすぎるがあまり、コンプレックスを抱える人もいるだろう。

普段の生活に関わらず、社会人生活においても外見を良く見せることは、相手に対しての1つのマナーかもしれない。

今回はそんな外見の中でも『歯』の重要性についてお話する。

歯を綺麗に保つ必要性に加え、歯磨きだけじゃ十分じゃない。
より綺麗になるための『口腔洗浄器』という商品も合わせて紹介したい。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ (白) EW-DJ71-W

なぜ清潔感が大事なのか

人はなぜ清潔感を求められるのだろうか。

結論から言えば、外見が相手に与える印象の大きな割合を占めるからだ。
清潔感は外見の一部に属しており、重要な要素となっている。

メンタリストのDaigoさんがこんな面白い記事を更新されている。

1回会った人とどれくらいの確率でもう1度会いたいと思うかという実験に関する記述

対面には外見の他に、性格や社会性など多数のファクターがあるが、その相関関係を導き出したという。

相関関係は1で完全な相関、0で完全に無関係となる。
0.3の値が分岐点で、その値を越えるとある程度の相関関係があるということになる。

一番最初に行われた実験だと、男性がもう一度デートしたいと思うのは、見た目がけっこう重要だったという話なんですね。
それで、女性のほうはその相関係数がちょっと高かったという話なんですね。

これは本当にそうなのかと。ウォルスターの実験というのはけっこう昔なので、そのあと、ペンシルベニア州立大学のブリスリンという人とルイスという人が、追加実験を行ったんですね。

外見的な魅力は0.89、ほぼ外見的な魅力で決まると言っても過言ではないぐらいの数値だったんですけど、相手との興味が一致するかどうかというのは0.64の相関係数がありました。あとは、社会性ですね。

外見的な魅力の相関関数が圧倒的に高いことがわかりますね。
よく「イケメンで性格が悪いか」、「ブサイクで性格が良いか」みたいな話があるが、その問いは極端すぎて議論にならない。
人それぞれ性格が違うし、マッチングする好みも異なる。
その上で見た目はどちらにせよ、より良ければ相手に印象を与える上で、メリットしかないのだ。
別に女の子にデートするためだけに気を遣って生きているわけじゃない。そんな方には下記の記事も面白いかもしれない。
東洋経済が出している清潔感と高感度に関するアンケートの結果がある。

「清潔さこそ男子の武器」という理論を裏づけているアンケート調査がもうひとつある。ビジネスパーソンのためのトータルファッションのブランド「ザ・スーツカンパニー」が30代から50代のビジネスパーソンに「ビジネスにおける社会人の第一印象」を尋ねたものだ。

清潔感はビジネスの場でも大事なことがわかる。
第一印象で与えた印象を改善していくのは、なかなか難しい。
最初に悪い印象を与えてしまったら、その後の長いコミュニケーションの中で徐々にイメージを変えていかなければならない。
研究結果に限らず、皆さんも何となく外見が重要なのは共感できる場面があるのではないだろうか。

見た目の重要性はわかったが、「歯」はそんなに大事なのか?

清潔感と言っても、外見にはいくつかの要素がある。

顔、服装、体型、髪型など判断される材料があるなか、「歯」はどれくらい重要なのだろうか。

株式会社be-kingによる、全国20代~50代男女を多少に「人の印象に関する意識調査」を実施した結果がある。

人の第一印象を決める際に重要視しているところを調査した結果、71%の方が「顔」と回答しました。次いで「服装」、「体型」、「髪型」、「装飾品」と続きます。人は情報の90%を視覚から得ています。顔については、表情から感情を、服装からは個性を感じ取ろうとしていることが調査の結果から判明しました。

また、最も注目度の高かった「顔」ですが、顔のパーツでどこを注目しているかというと、最も注目度の高いパーツは「目」となり84.2%、次いで「口元」が6.6%、そして「輪郭」「鼻」と続きます。

顔が占める割合が多い中で、パーツとして「口元」は2番目に重要な要素になっている。
目の割合が大きいのは否めないが、口元は歯の印象を変えるだけで改善できるというのは大きい。
目に関しては、大きくするなり、形を変えるなりするにしても、整形しなければならないので中々難しい。
ほんの日常の努力で変えられるのであれば、試してみるに越したことはない。
そんなことから今回「歯をより綺麗にする」ということに着目して、商品をピックアップしてみた。

歯磨きだけじゃダメなの?より美しい歯になるために

今回紹介するのは『口腔洗浄器』。

パナソニック ジェットウォッシャー EW‐DJ10‐W (白)

普段の歯磨きだけでは、歯の隙間や歯周ポケットに挟まった汚れやゴミまでは落としきれない。
さらに怖いのはそれが蓄積されて、長年取れないまま過ごしてしまうなんてこともある。

口腔洗浄器はそんな細い汚れまで落としてくれる優等生。
歯の綺麗さはもちろん、口臭改善にも役立つので清潔感をアップできるアイテムとしておすすめできる。

そのすごさに使用した人の中には

初めて使った時は口からドブの匂いがした
最初の3日は歯茎が弱く血が出たが、毎日マッサージするように使うと歯茎が強くなったのが実感できた

血が出るのは歯周病が原因だろう。日本人の多くは歯周病予備軍を含めると多くの方の歯茎が弱い傾向にある。

筋トレと同じで毎日洗浄機でマッサージしてあげると、だんだん強くなり血も出なくなるのだとか。

動画にもあるように、歯に挟まった歯ブラシでは取れないカスが取れる他、汚れ場で弾き飛ばしてくれる。
ホワイトニングとはいかないが、歯本来の白さを取り戻すのにも役立ってくれるから嬉しい。

おすすめの口腔洗浄器

口腔洗浄器の中でもおすすめのメーカは『Panasonic』。

レビュー評価も高く、品質の高さに定評がある商品だ。

タイプは据え置き型と持ち運び用の2種類があり、それぞれ2つずつ紹介したいと思う。

[据え置き型] ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61

Amazonベストセラー1位に選ばれレビュー数も多く700件に及んでいる人気商品。

ジェット水流が主流だが、それに加えバブル水流で洗い流せるのが特徴。
バブル水流は、微細な気泡で汚れを剥がす方法で、刺激が少ない。

使用者の中には水流の厚に少し痛いと感じる人もいるので、デリケートな方におすすめの商品だ。

値段も1万円以下で購入できるので、お財布にも優しい。
加えてノズル交換も予備パーツが準備されているので長期間に渡って使用できる。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ61-W [EWDJ61W]【RNH】【GWPT】

[据え置き型] ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71

同じく据え置き型でPanasonicから発売されている口腔洗浄器。
値段は少し高くなるものの、その分汚れを落とすことにさらに特化した製品となっている。

超音波水流を採用しており、普通のジェット水流では取りきれないさらに細い汚れまで落とすことができる。

検証では、従来の口腔洗浄器より、汚れの除去性能が45%上昇したとのこと。

さらに高いクオリティを求める方や、すでに使用されている方で新しく品質の高いものを探している人にはオススメだ。

これもノズルが2本初めから付属しているので、家族で共有することもできる。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ (白) EW-DJ71-W

[持ち運び用] ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51

持ち運び用でユーザが一番気になるのは水流の強さだろう。

据え置き型との大きな違いは水圧なので、パワーという面で持ち運び用は劣ってしまう。

しかしこの商品は持ち運び用にも関わらず、ジェット水流で580kPaという申し分ない水圧を実現している。
洗浄されている気がしないという方にとっても、満足できる商品だ。

またレベルはノーマルとソフトの2パーン用意されており、刺激に弱い方にも安心して使用いただける。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW‐DJ51‐A (青)

[持ち運び用] ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ10

初めて使う人におすすめ。

使ったことがないので、実際に試してみないとわからないという方は一度低価格のもので購入してみてはどうだろうか。

Amazonのレビューも高く、値段は5,000円を切るので手を出しやすいお手頃価格となっている。

水圧も530kPaと、クオリティが落ちることもないので買ってがっかりすることもないのではないだろうか。

パナソニック ジェットウォッシャー EW‐DJ10‐W (白)
おすすめの記事