【まとめ】JWアンダーソン×コンバース Chuck Taylor All Star ’70の新作

先日、418日(木)にJWアンダーソン×コンバース Chuck Taylor All Star ’70の新作をリリースした。

100年に渡る歴史を持つベーシックなスニーカーを大胆な切り口で生まれ変わらせてきたJWアンダーソンであるが、「対照的なプロポーションは、常に私のデザイン美学の一部でした」とアンダーソン氏が語っているくらい、今回はその奇抜さに拍車がかかっているといっても過言ではない。

今回は、そのJWアンダーソン×コンバース Chuck Taylor All Star ’70の新作を紹介したいと思う。

JWアンダーソン×コンバース

Converse x JWアンダーソンの「Run Star Hike」は、昨年9月にロンドンでJWアンダーソンのSpring / Summer 2019 Collectionでデビューして以来、注目を集めている。今回のコラボレーションはアイコニックなチャックテイラーと古典的なランナーの現代的な連合である。

伝統的なスタイルと並置された要素とを組み合わせるというデザイン哲学が、アンダーソンのコラボレーションに対するビジョンの核心である。

Run Star Hikeのキャンバスチャックテイラーアッパー

Run Star Hikeのアッパーは伝統的なキャンバスChuck Taylorから取られている。

Run Starソール

一方、より頑丈でアウトドアに見えるようにするため、のこぎり波トレッドを備えたRun Starソールが追加されている。

手描きのタイポグラフィーマーク

Run Star Hikeの白いバージョンは、キャンバスアッパーのパッチの横にある「1917」の日付を記録している。これはAll Starのデビューを意味する。

以下の動画で、自動翻訳「日本語」で見ていただきたい。実際のルックスであったり、細部まで説明されているので是非参考にして欲しい。

おすすめの記事