【2019年最新】マレーシアの古着屋に行ってきました

洋服(古着)買取、バッグ買取を中心に、ハイブランド品から家具家電まで幅広く中古品買取と販売を、日本国内約600店舗を構える「セカンドストリート」。

国内では競合や立地の状況からマーケットが難しいと判断し、新しいフィールドへ挑戦を繰り返し、「2018年中に東南アジア圏にもセカンドストリートをオープンしたい」と宣言したゲオホールディングスは、201879日にマレーシアに東南アジア初でマレーシア1号店となる「2nd STREET SS13」をオープンしました。

追記:新店舗「2nd STREET Bandar Utama」がオープンされました!

そして、先日2019126日のマレーシア2号店となる「2nd STREET SS15」がオープンされました。

今回は、先日オープンされたばかりのセカンドストリートマレーシア2号店「2nd STREET SS15」に行ってきたので、レビューしていきたいと思います!

マレーシア2号店「2nd STREET SS15

スバン・ジャヤスランゴルというマレーシアの市街地から少し南西に離れた場所に来ました。

マレーシアには、このような色んなジャンルのお店が羅列して12階が店舗や飲食店、34階をオフィスとしている建物が多いです。このような団地がそこら中にあり、今も尚開拓され続けています。

マレーシア2号店となる2nd STREET SS15も密に羅列した建物の中にありました。

2階建てで、1階は主にブランド品を中心としたメンズ・レディースアイテム、2階はレギュラーアイテム(ノーブランド多め)を中心としたメンズ・レディースアイテムが置かれており、それ以外にもバックやシューズ、小物品、子供向けの服まで幅広いジャンルのアイテムが置かれていました。※家具家電は置いてありませんでした。

さっそく店内へ

店内に入るとさっそく目に飛び込んで来たのが、時計がディスプレイされたガラスの置物。やはりここは日本と同じで配置にもこだわって小物アイテムがガラスディスプレイされていました。

ブランドはカシオやニクソン、アイスウォッチ、タイメックス、ダニエルウェリントンなど、若年層に受けそうなブランドが多くありました。

そして奥へ

奥へ進むと、メンズとレディースが列ごとに分けられ綺麗に商品が並べられていました。(こちらはメンズ商品の列になります)

 

全体的にアイテムは夏物だけではなく、マレーシアから海外へ旅行へ行った際に必要となる冬物のアイテムも取り揃えていていました。

 

ストリートからアウトドアまで、多系統に合わせた帽子

 

リュック・バックパックは日本の店舗と比べると少なく感じましたがスポーツブランドからアウトドアブランド まで有名なブランド商品がありました。

 

2階へ

店内に入ってすぐ左手に、2階へ繋がる階段がありました。白を主色とした店内はシンプルでおしゃれな雰囲気です。

 

2階も1階と変わらず、メンズとレディースで列ごとに分けられ綺麗に商品が並べられていました。

マネキンを使ったおすすめ商品の紹介や、新しく入荷した商品には赤い看板が立てられ、買い物をする人にとってわかりやく、優しい工夫がされていました。

 

ネクタイは全て見ましたが、有名なブランドや珍しいブランドは無かった印象です。価格は全て20RMで約600円で統一されていました。

 

2階全体を見通した感じです。アイテムの割合的にはメンズ・レディースは両方50%くらいです。メンズアイテムが目立って多い訳ではなく、私が入店した際も私以外は全員女性のお客さんで、女性の方にも人気があるそうです。

 

夏モノのTシャツから長袖のカジュアル目のシャツ、ジーンズまで多くのアイテムが陳列。

 

アディダスやナイキといったスポーツブランドシューズも幅広く取り揃えていました。

 

写真にはうつってないのですが、キーンやニューバランスといったアウトドアブランド のシューズもありました。

 

試着室へ

気になったアイテムが数点あったので、試着室へ。1階には1つ、2階には2つ、合計3つの試着室がありました。

気さくな店員さん

何点か欲しいアイテムがあったので、そのままレジへ。店員さんは全員マレーシア人の方で、みんな気さくな方ばかりでした。私が店内に入った時も笑顔で「どこから来たの?」「マレーシアに来てどれくらいになるの?」と優しく声をかけていただきました。

マレーシアが悪い訳ではないのですが、主観的にマレーシアは日本と比べるとホスピタリティ性が少し低い(お店や人にもよります)のかなと。言い換えると「良い意味でゆるい」と感じることも稀にあったので、今回はすごく新鮮な気持ちでした。

 

パンツ(ズボン)2枚、薄めのジャケット、シャツ、スニーカを買いました。購入した商品はまた別の記事で紹介したいと思います。

 

最後まで丁寧に接客していただきました。

どんなブランドがあるのか

基本的には、グッチやフェンディといったハイブランドの小物アイテムからアディダス、ナイキといったスポーツブランド 、そしてユニクロやGAPといったファストブランド のアイテムも多く取り揃えていました。

逆に、アウトドアブランド のウェア系はほとんどなく、ヴィトンやプラダと言ったハイブランドは1,2点置いてあるかの印象でした。

もちろん仕入れは、日本から定期的に行っているので必ず無いとは言い切れません。

気になる価格は?

全体的に日本のセカンドストリートで販売されている価格より安く感じました。

特に私が気になっていたニューバランスのスニーカーは状態も良く、希少価値の高い商品も「え、この値段?」って思える程でした。仮にマレーシアの物価に合わせて価格設定がされていたら、古着の時点で正規品と比べて安いのに、さらに安いとお得な気持ちになります。

ちなみに私は5点のフルコーデアイテムを買いましたが、合計で約5,000円でした。居酒屋の少し高めの飲み放題付きコースくらいですね。

お店の情報
営業時間10:00am to 10:00pm(土日も営業)
住所A6, Jalan SS 15/8a, Ss 15, 47500 Subang Jaya, Selangor
(お店の近くにセブンイレブンがあるので目印になります)
電話番号03-5613 4871(英語対話可能)
最寄り駅LRT SS15 (KJ29)(KLセントラルから電車で約30分で着きます)

 

感想

今回は、セカンドストリートマレーシア2号店に行ってきたレビューをしました。

個人的にはマレーシアに来て初めての古着屋さんで、「そもそもマレーシアに古着屋って文化あるの?」って言うくらいだったので、情報も少なく正直あまり期待はしていませんでしたが、全体的に大満足でした。

レジでお会計をしている時に、店員さんに聞いた話によるとマレーシア3号店が2019年の7月にオープンするそうです。

先日2019年9月7日にマレーシア3号店となる「2nd STREET Bandar Utama」がオープンされました。

オープン記念イベントとしてセールも行うそうなので、マレーシアに来られる方、お住いの方はこの機会に是非立ちよってみてはいかがでしょうか。私は必ず行きます。。

おすすめの記事