【比較】新作GMW-B5000Vと旧モデルGMW-B5000Dをを徹底比較

先日、フルメタルGショックの新作腕時計GMW-B5000V201967日に発売することが発表された。

2018年に登場した「5000」シリーズのフルメタルモデル「GMW-B5000D」がベースとなっている。

今回は、新作GMW-B5000Vと旧モデルGMW-B5000Dを徹底比較する

GMW-B5000V

新モデルのGMW-B5000Vは、外装の素材全てにステンレスを採用し、ケースやバンドの表面をコーティングするブラックイオンプレーティング処理と呼ばれる加工を施している。これはチタン合金等による真空中での表面コーティングを行う手法の1つで、密着性に優れ硬質膜の生成が可能なため、擦り傷や摩耗剥がれに強く、耐蝕性・耐候性に優れた逸品に仕上がる。表面コーティングした後、一部をあえて剥がすことで、ヴィンテージある風合いを再現した。

また、Bluetooth通信機能や標準電波受信機能を搭載している他、フルオートLEDバックライト、ワールドタイム表示など充実のスペックも充実。旧シリーズ同様に、スマートフォンと連携することで、アプリ上での操作方法確認や、アラームなどの設定もアプリ上で簡単に行うことができる。

スペック比較表

GMW-B5000D(旧モデル) GMW-B5000V(新モデル)
構造 耐衝撃構造(ショックレジスト) 耐衝撃構造(ショックレジスト)
防水性 20気圧防水 20気圧防水
受信電波 日本(2局)、北米、イギリス、ドイツ、中国の標準電波に対応 日本(2局)、北米、イギリス、ドイツ、中国の標準電波に対応
電波受信方法 自動受信(最大6回/1日、中国のみ最大5回/1日) 自動受信(最大6回/1日、中国のみ最大5回/1日)
通信仕様/企画 Bluetooth Bluetooth
ワールドタイム ワールドタイム5本、世界電波39都市(39タイムゾーン、サマータイム自動設定機能)+UTC(協定世界時)の時刻情報を内臓、ホームタイムとの時刻入替機能 ワールドタイム5本、世界電波39都市(39タイムゾーン、サマータイム自動設定機能)+UTC(協定世界時)の時刻情報を内臓、ホームタイムとの時刻入替機能
ストップウォッチ 1/100秒計測/1秒計測/24時間計/スプリット付き 1/100秒計測/1秒計測/24時間計/スプリット付き
タイマー セット単位:1秒、最大セット24時間、1秒単位で計測 セット単位:1秒、最大セット24時間、1秒単位で計測
アラーム 時刻アラームで5本(1本のみスムーズ機能付き)、時報 時刻アラームで5本(1本のみスムーズ機能付き)、時報
その他の機能 スクリューバック、モバイリング機能(約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、タイム&プレイス、リマインダー、携帯電話探索)、日付表示(月/日表示入替)、曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6ヶ国語切替)、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、操作音ON/OFF切替、LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネータ、フェードインフェードアウト残照機能、残照時間切替:2秒/4秒)、バッテリー充電警告機能 スクリューバック、モバイリング機能(約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、タイム&プレイス、リマインダー、携帯電話探索)、日付表示(月/日表示入替)、曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6ヶ国語切替)、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、操作音ON/OFF切替、LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネータ、フェードインフェードアウト残照機能、残照時間切替:2秒/4秒)、バッテリー充電警告機能
仕様電源 タフソーラー(ソーラー充電システム) タフソーラー(ソーラー充電システム)
連続稼働時間 パワーセービング状態で約22ヶ月 パワーセービング状態で約22ヶ月
大きさ 49.3×43.2×13mm 49.3 * 43.2 *13.0mm
質量 約167g 約167g
バンド処理 特に無し ブラックIP処理
メーカー販売価格 ¥60,000+税 ¥110,000+税

主な変更点

表から見て変わる通り、スペックははほとんど変わっていない。主な違いは以下の2点である。

  • バンド処理
  • メーカー販売価格

新モデルのGMW-B5000Vは、ケースやバンドの表面にブラックIP処理したのち、一部をあえて剥がすという加工をしている。「時を超えて生き続けるタフネススピリット」を表現したそうだ。

ブラックIP処理」とは主にG-SHOCKのベゼル部(文字盤周りの金属パーツ)に施されることが多い表面処理で、Ion Plating(イオン・プレーティング)の略のこと。特殊な装置を用いてイオン化させた金属を、真空状態の中で硬質膜としてパーツ表面にコーティングする処理で、耐摩耗性に優れており、錆びにも強いため一部の高額なモデルに採用される。

内面的なスペックはほとんど触れず、外面的な機能性を向上させたイメージである。

まとめ

今回は、新作GMW-B5000Vと旧モデルGMW-B5000Dを比較した。

主な違いは以下の2点である。

  • バンド処理
  • メーカー販売価格

新製品のイメージは『GMW-B5000D』の元々機能面を残しつつ、外面的なタフさと表面コーティングに力を入れたイメージに近い。

好みは別れると思うが、GMW-B5000Dのように新作GMW-B5000Vも全国入手困難になることは間違いないだろう。本製品発売とともにGMW-B5000Dも再入荷されると予想できるので、この機会に購入を考えてみてはいかがだろうか。

おすすめの記事