【まとめ】ロレックスが愛される理由。ROLEX エクスプローラー1紹介

世界中で多くの人に愛されるロレックス。

時計といえばロレックスといっても過言ではない品質の高さデザイン性で人気がある。

今回はそんなロレックスの歴史、特徴とオススメしたい1本を紹介したい。

ブランド物を着けるのに抵抗のある人でも、この記事を読んで少しでも興味をもってもらえたら嬉しい。

ロレックスの歴史

1905年ハンス・ウィルドルフによってロンドンに時計会社ウィルスドルフ&デイビス社が設立された。
懐中時計が主流の時代に腕時計に着目するという、当時では革新的な会社のもと1907年にロレックスブランドが誕生。

1910年に世界初のクロノメーター(詳しくは後ほど説明)の正式認定を受け、その腕時計の精度の高さからロレックスの名が広く知れ渡るきっかけになった。

ロレックスのロゴの王冠先が5つに分かれたデザインは職人の手を表現しており、品質の高さを表す象徴になっている。

 

クロノメーターの苦労

クロノメータとは、時計の性能を決める1つの基準と考えて頂けば分かりやすいかと思います。
 
スイスのクロノメーター検定協会(COSC : Controle Officiel Suisse des Chronometres)が時計のムーブメントの精度の良し悪しを認定しており、クロノメーター検定協会が認可したムーブメントを搭載した時計をクロノメーターと呼ぶことができます。
要するにクロノメーターというのは、極めて精度の高いムーブメントに与えられる称号なのです。
クロノメーター検定協会による品質基準は非常に厳しく、高級時計の世界最大生産国であるスイスにおいて、クロノメーターの認定を与えられたムーブメント搭載の時計はわずか3%ほど。

高級時計の価格が高い理由の1つとして、高い腕時計性能を達成するには機械の力だけでは難しいという点があげられる。ブランド力ではなく製品1つ1つにこだわり職人の精密な作業により始めて品質の高いものが生み出されテイル。

よって必然的に人件費が高くついてしまうので、クロノメータの時計が高くなるのも納得できる。

ロレックスはこのクロノメータ検定協会が設定する精度より高い値を基準としており、厳しいテストを突破した時計のみが店頭に並ぶ。

ブランド物を買うメリット

ブランド物が好きな人はどれくらいいるだろう。

私自身ブランド物を購入するのは気が引けるタイプだ。もちろん収入が限られているから、そもそも手が出しにくいという理由もある。

しかし一番のポイントは購入するほどの製品価値があるかどうかで悩むことが多い。具体的にはブランド力に頼った付加価値を付けただけの製品は購入したくないという点が大きい。

私が普段購入する際は品質と価格を重要視しているが、一方でポートフォリオとして保有する価値があるのかどうかも重要な点ではないだろうか。

ロレックスに当てはめて考えていると、品質は先ほど述べた通り職人のこだわりが強い、高い精度を誇る時計なので問題ない。しかし価格はその製品の価値に対して見合っているかどうか判断するのは少し難しい。例えば競合と価格比較してみても、高級時計ブランドはスマホやPCと違いスペック比較だけでは語れない部分がある。

そこでポートフォリオという側面で考えてみたい。

ポートフォリオ、つまり保有している製品の価値がどれくらい下がりにくのか(または上がるのか)ということが重要になる。ロレックスはその点価値の下がりにく時計として有名である。これは需要の多さが関係しており、中古市場を見ても需要が高い。欲しいものを買うことはもちろんその人にとってプラスですが、資産として保有していても損をしにくい物だといえるだろう。

よってロレックスに関していえば、ブランド物とはいえ購入を検討する余地が十分にあるのではないかと思う。

紹介したい1本〜ロレックス エクスプローラー1〜

時計選びをする中で、デザインと機能性の2つについて、特に後者を重要視して選択(前者は人の好みが大きいので)。そしてロレックスの中でも今回紹介する商品はロレックス エクスプローラー1。ロレックスの中でも不動の人気を誇るシリーズですが、それも納得の理由がある。

今回はエクスプローラー1の中でも「114270」を紹介する(その他シリーズとの違いについても別記事で紹介します)。

 

デザインとその背景

背景

1953年にエクスプローラー1は人類未踏の地に到達するエクスプローラー(探検家)のために開発された。当時探検家のエドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイは世界最高峰の山エベレストの登山の際に使用していたことでも有名。極限の耐久性を追求し、シンプルで使いやすいのが特徴で、現在ではビジネスの場でも定評のある時計となっている。

デザイン

エクスプローラー特に特徴的なデザインとして、文字盤からベゼル、ブレスレット部分にかけて緩やかな曲線を描きながら、途切れのないラインが美しい

文字盤は3、6、9の文字が印字された「369インデックス文字盤」、サイズは約36mmで小ぶりな印象で主張が強すぎず弱すぎず、さりげないオシャレを表現できる。ベゼル部分はスムースベゼルを採用しており、シンプルさを演出している。

インデックスと針には夜光塗料が使われおり、114270ではルミノバという材料により発光色は緑色で夜間でも時間を確認することが可能。

スーツとの相性もよく、数メートル離れていてもロレックスだとわかる人にはわかる、高級感がありながら付けていて嫌味のない印象を受ける。

機能性

ブレスレット部分にはオイスタースチールを採用しており、耐久性を向上させている。

オイスタスチールとは航空宇宙やハイテク産業、化学産業など耐久性の求められる現場でも使用されている材料。また工具無しで5mmほどの調整が可能だ。

バックルはダブルロック式で普段使用している中で外れることはまずない構造になっている

内部構造に関しては、

ロレックスが独自に開発・製造した機械式自動巻ムーブメント、キャリバー 3132 が搭載されている。このキャリバーにはパラクロム・ヘアスプリングと高性能のパラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、衝撃と磁力に対して極めて高い耐性を発揮する。

ロレックスのすべてのパーペチュアル ムーブメントと同様に、キャリバー 3132はスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のテストに合格した高精度の時計にのみ与えられる、クロノメーター認定を受けている。

ロレックス公式サイトにて

精度に関しては、先ほども話した通りクロノメータ認定を受けており、精度の高さはお墨付き。電波式時計やクオーツ式時計など精度の高い時計もあるが、職人の手によって作られた数学的で設計的な、何十年の研究や伝統を積む重ねた機械式時計にロマンを感じざるを得ない。

ROLEXロレックス Ref.114270エクスプロラー1 V品番【未使用品】

まとめ

いかがだっただろうか。

少しでもロレックスの時計の素晴らしさに共感していただければ、嬉しい。

時計は人それぞれ好みがありますが、1つ1つの製品に対して時間をかけて設計、デザイン、構築されているという背景を想像するだけで購入した時の興奮は抑えられない

決して安い買い物ではないが、人生で1本でも持っておいて損はないだろう。

おすすめの記事