【2019年版】PS4史上に残るおすすめソフト10選!やらなきゃ損!

SONY(ソニー)が販売している「PS4」。

20131115日に発売され、2019年現在で6年が経過している。今も尚その人気は衰えず、世界中でプレイされている。

近年の日本では、任天堂Switchがインディーズゲーム市場を掌握しており、2018年のFully lllustrated社のデータによると、PS47倍以上の売上を記録するほど。日本は、まさに任天堂の無双状態である。

私の住むマレーシアでも、最近Switchの追い上げに勢いがあると感じるが、まだまだPS4の認知度と保持率は負けていない。

今回は、幼少期からプレステーションと共に青春時代を過ごした私がおすすめするPS4史上に残るおすすめソフト10選を紹介する。

PS4 おすすめソフトベスト10はこれ!

10 Horizon Zero Dawn

PS4を代表するオープンワールドアクション。機械獣が支配した世界で生き残れ。

本作は、広大なオープンワールドで機械に支配された世界で生き残っていくRPGゲーム。

主なプレイ内容は、戦術的なバトル。機械獣は動力源や燃料タンクが弱点で、厚い装甲によって守られている。正面から堂々と倒すだけでなく、罠を張ったり、草むらに隠れて奇襲を仕掛けたりと、奇策を用いることで、より有利に戦うことが可能。三国無双のような無双系ではなく、メタルギアのような戦略的要素が盛りだくさんである。

探索要素だけでなく、バトルを重視している方にもおすすめのPS4ゲームソフト。

9 Marvel’s Spider-Man

20189月に発売されグラフィック、操作性、爽快感が最高峰で発売当初から高評価を得ているオープンワールドアクションゲーム。

ニューヨークを舞台に、スパイダーマンとして悪の組織と戦いを繰り広げるオープンワールドアクション大作「Marvel’s Spider-Man」。

プレイ内容は、映画のような近接格闘やトリッキーなアクションなどを駆使して、ヴィラン(スーパーパワーを持った悪役)たちによる凶悪犯罪を解決していく。PS4最高レベルのグラフィックは、もはやゲーム?映画?が区別つかないほどリアリティに溢れている。

また、意外と操作方法が簡単なのもポイント。難しいコマンド操作は必要ないので、アクションゲームが苦手な方も安心してプレイすることができる。

【ポイント10倍!6月1日(土)23:59まで】Marvel's Spider-Man PS4 PCJS-66025

8 キングダム ハーツIII

全世界での累計出荷本数が2500万本を超える「キングダムハーツ」シリーズ。

ディズニーの世界を舞台にストーリーが展開する「キングダム ハーツ」シリーズ最新作。

今作は新たにピクサー作品のワールドが登場。さらに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「アナと雪の女王」、「トイ・ストーリー」「ベイマックス」「モンスターズ・インク」などの新規タイトルも加わり、壮大な物語が展開される。

過去作から大幅に進化した爽快なアクションで展開されるスピード感あふれるバトルは見どころ満載。シリーズ最高峰のグラフィックで描かれる壮大な世界を体験したい方は是非。

7 NEED FOR SPEED PAYBACK

オープンワールドでのレースバトルが楽しめる「ニード・フォー・スピード」シリーズ。ただのカーレースゲームじゃない。。

映画「ニードフォースピード」から一躍人気を集めゲーム化されたカーレーシングゲーム。

本作は、アメリカの架空都市を舞台に、3人の主人公が悪の巨大組織に復讐をするというストーリーが展開される。グランツーリスモのようなレーシングのみではなく、映画「ワイルドスピード」のような、ストーリー性、ミッション性を持ったゲームになる。

シリーズの魅力のひとつである「カスタマイズ」も充実しており、レースで稼いだ賞金で、マシンやパーツを購入することが可能。ショップによって品ぞろえが違うので、ドライブがてら複数の店舗をチェックするだけでも楽しる。

また、オンラインに対応しているのもポイント。PS4のゲームはストーリーだけでは飽きてしまうこともあるので、オンラインのマルチプレイに対応したソフトを選ぶことをおすすめする。

6 FIFA19

700以上のチームを収録!サッカーゲームの決定版。

世界的に有名なサッカーゲーム「FIFA」シリーズ。日本ではウイニングイレブンが主流となっているが、海外ではFIFAが圧倒的に人気である。

FIFA公認の実在するサッカー選手が登場するのが特徴で、今作から新たにUEFA チャンピオンズリーグやUEFAヨーロッパリーグを追加。世界各国のリーグから700を超えるチームが参戦。

今まで「なにその動き!?」「人間では不可能。。」のような一種のバグ的な要素があることが懸念点であった。しかし今作は、サッカー選手の動きを忠実に再現する「リアルプレイヤーモーションテクノロジー」を搭載。ブロックするとき、体が接触したときなど、選手それぞれの動きに個性がプラスされている。

また、ボールをより細かくコントロールできる「アクティブタッチシステム」をはじめ、試合中にメニューを開かなくてもフォーメーションを変えられる「ダイナミック戦術」などの新要素も加わった。

まさに、サッカーゲーム界の決定版とも言えるだろう。

5 LIFE IS STRANGE

海外のスクールカーストを忠実に再現したゲーム。自分次第で物語は変わっていく。

主人公のマックスは突然、「時間を巻き戻す能力」を手に入れる。ゲームの舞台は海沿いの自然豊かな田舎町、典型的な古き良きアメリカの雰囲気とBGMがプレイする人の心を掴む。

派手なアクションやRPGゲームに少し疲れた方へ感情を揺さぶられ、まるで「海外ドラマ」を観ているかのような伏線が織り込まれたストーリー展開が逸脱。

Netflixで公開されているブラックミラーのようなイメージで、自分でストーリーの内容を自由自在に操ることができる。

4 JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言

芸能界から豪華出演(木村拓哉、谷原章介、ピエール瀧、滝藤賢一、中尾彬)の龍が如くを手がける名越監督の最新作。

お馴染みの神室町を舞台としたサスペンスで、本作は、「龍が如く」の制作スタッフと俳優の木村拓哉さんがタッグを組んだリーガルサスペンスアクションゲーム。ネット上では「キムタクが如く」という別称で呼ばれているそうだ。

調査、聞き込み、尾行、変装などのスキルを駆使して真相に迫るストーリーは龍が如くシリーズから変わらず作りに作りこまれたストーリ性が魅力。

JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言 初回特典付き PS4【6月中は姉妹館でポイント10倍中!】

3 実況パワフルプロ野球2018

日本中の男子が一度は熱くプレイした実況パワフルプロ野球。「やきゅうしようよ!」のキャッチフレーズが代名詞の人気ゲーム。

野球ゲームでは長い間シリーズとして販売されている「パワプロ」の最新作「実況パワフルプロ野球2018」。本作では「パワフェス」、「チャンピョンシップ」、「ペナント」など豊富なモードが用意されやりこみ度も高い。

またパワプロと言えば「サクセス」と言われるくらい、看板モードとして認知されている選手育成モード。これ目当てで本ゲームシリーズを買うという人も少なくない。もちろんサクセスは本作にも収録されており、高校野球を舞台にした3つのシナリオでオリジナル選手育成が可能。

2019423日に2019シーズンの大型アップデートが実施された。

2 METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN

悪に堕ちる。復讐のために。

世界的に有名なゲームクリエイター・小島秀夫監督が手掛けたPS4ソフト「メタルギア」。全世界で累計4000万本以上の売り上げを誇る人気シリーズ。今作は本編5作目にしてシリーズ完結編となる作品。

主人公は伝説の傭兵と呼ばれるスネーク。本作はオープンワールドを採用しているのが特徴で、より自由に行動できるように。例えば、人質を助けるミッションの場合でも、敵の死角をついて潜入するほか、麻酔銃で敵を全員眠らせてから救助したり、戦車で敵を殲滅させたあとにゆっくり救助したりすることも可能。まさにユーザーの数だけ攻略法があるイメージ。

個人的におすすなポイントはオンライン対戦。「第二の生きる世界」と言われたMGO(メタルギアオンライン)も2012年6月13日を持ってサービスが終了したことが懐かしい。現在でもMGO3としてオンラインサービスは新たに開始されている。本編ストーリーには無い楽しみ方ができるのも1つの魅了である。

PS4ソフト「METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAINは、プロローグとして発売されたソフト「グラウンド・ゼロズ」と、メタルギアソリッドVの本編「ファントムペイン」がセットになったお得版。同シリーズ未経験の方も楽しめるおすすめのPS4ゲームソフト。

1 バイオハザード RE:2

世界が恐怖したサバイバルホラーの傑作バイオハザード

1998年に初代PSでリリースされた「バイオハザード2。累計販売本数496万本を超えるホラーゲーム。本作はそのリメイク作品で、グラフィックが高画質になっているのはもちろん、キャラクターや物語も再構築している。懐かしくも新鮮な恐怖の惨劇が繰り広げられる。

舞台は、映画バイオハザード2でもメインとなったラクーンシティ。新人警官のレオン・S・ケネディ、そして兄の安否を確かめるために街を訪れた女子大生のクレア・レッドフィールドを通して、極限状況におけるサバイバルホラーが展開される。

本作では、キャラクターの肩越しに覗く「ビハインドビュー」を採用することで臨場感がアップ。ゾンビたちのグロテスクさ、凶暴さ、不気味さをよりリアルに感じられるように。

当時、プレステーションでプレイされてた方には1番リメイクしてほしいシリーズが本作になるだろう。タイラントとの遭遇も息を飲むほどの臨場感で是非購入して体験してほしい。

【PS4】BIOHAZARD RE:2 通常版(CERO:D) カプコン [PLJM-16288 PS4 バイオハザードRE2D ツウジョウ]
おすすめの記事