【モバイルモニター3選】これは間違いない!外出先でもデュアル作業。

外出先でデュアルモニターで作業したい。

デュアルモニターで作業すると作業効率が1.5倍になると前回お話し、オススメの商品を紹介した。

簡単な作業でもディスプレイが1つ増えるだけで、こんなにも快適になるのかと思えるほど、一度採用すると無いと困る。

しかし一方で外出先では、ノートパソコン1台で出かける人も多いのでは無いだろうか。

できれば、外での作業でもモニターがあると嬉しい。

そこで今回は便利!「持ち運びモニター」を紹介したいと思う。

デュアルモニターを選ぶ基準

主な選定基準は下記の通り。

  1. サイズと解像度
  2. 接続端子
  3. 重量
  4. タッチパネル

この中でも重要度の高いのは接続端子と重量では無いだろうか。

パソコンとの互換性はもちろん、持ち運ぶのだから重かったら意味がない。

4つの基準を参考にいくつか商品を紹介していきたいと思う。

コスパの I-O DATA

コストパフォーマンスがいいモニターとして有名な「I-O DATA」からモバイルモニターが発売している。

主な特徴は

  • 900gと驚きの軽さ
  • 15.6型の薄型パネル採用
  • 4つの表示モードが選べ、映像に合わせた色合いを楽しめす
  • ブルーライト低減
  • miniHDMI端子対応
  • USB Type-Cで充電出来、電源不要で使用できる

特に大切な端子については、しっかりとユーザのことが考えられている。

家などで据え置きで使用する人には、AC電源を使用できる一方、HDMI端子からPCの充電をそのまま使用できる。

日本ブランドでありながら3年間保証がついているのも魅力的だ。

画面サイズは15.6インチと追加ディスプレイでは十分なサイズ感で、900gと軽量なので持ち運びにも問題ない。

【送料無料】I-O DATA モバイルモニター 15.6型 薄型 IPSパネル mini HDMI USB-C給電 ケース付 3年保証 LCD-MF161XP

4Kディスプレイ搭載の『COCOPER

いい画質で動画・画像編集をしたい。動画を楽しみたい。そんな方にオススメのCOCOPERのディスプレイ。

なんとモバイルもインターでありながら4Kディスプレイを搭載している。

特徴をまとめると

  • 12.5インチ。3840 x 2160の画面サイズ
  • 重量はたったの520g
  • Adobe RGB100%カバー
  • HDMIが2つ、USB、DP端子
  • 縦置き対応なのでプログラマーにもオススメ

このサイズ感、この価格で4KフルHDは素晴らしい。応答速度0.3-0.8ms[GTG]と鮮明な映像を早く出力できる。

USB端子で給電できるので、PCから直接ディスプレイの出力と電源を同時に確保。

ベゼルも薄く、カラー調整も出来るので、ディスプレイにこだわる人にとっては嬉しい。

Apple『iPad 』だってモニターとして使える

動画やSNSを楽しんだり、Apple Pencilで作業するだけじゃiPadは勿体無い。

iPadは優先でも無線でも追加モニターとして使用できることをご存知だろうか。

Apple公式サイトで公開されている『Side Car』や、その他アプリ『Duet Display』を使えば、Mac製品に限らずSurfaceなどでもiPadをモニターとして使用できる。

APPLE iPad mini Wi-Fi 64GB 2019年春モデル MUQW2J/A [スペースグレイ]

さらに嬉しい点はiPadの方で、Good NotesやAdobe FrescoなどApple Pencilを使った作業もできるので、デザイナーにとっても効率が上がること間違いないだろう。

まとめ

いかがだっただろうか。

マルチディスプレイは作業効率を上げていく上で、オススメしたい方法だ。

外出先ではなかなか持ち運びの面で大変かもしれないが、今回の記事が参考になれば嬉しい。

 

おすすめの記事