Home Pod miniが発表!Home Podとの違いや新機能まとめ

3分で読めるAppleイベントまとめ

10月14日、Appleのイベントが開催された。

そこで発表されたHome Pod miniの完成度がかなり高いので、旧製品と比べながら紹介する

Home Pod mini

Home PodといえばAppleが販売している高機能AIスピーカー。音質や機能は優れているものの、AmazonのAlexaと比べると価格が高いことから手を出しにくい製品だった。

そんな中発表されたのがHome Pod mini。Home Pod miniでできることや、Home Podと比べて何が変わったのか見ていこう

基本情報

まずは基本情報の比較をしよう。

Home Pod miniはHome Podに比べて値段は約1/3になっている。その分音質はHome Podの方が上

またサイズや重量はHome Podに比べてはるかにコンパクト自分の部屋とリビングなどで置き場所を変える人はHome Pod miniの方が良いだろう。

Home Pod mini Home Pod
価格 10,800円 32,800円
サイズ 高さ: 84.3mm

幅: 97.9mm

高さ: 172mm

幅: 142mm

重量 345g 2,500g
音質

Home Pod miniの目玉機能

Home Pod miniには

  • Siriを使った音声認識
  • Apple Musicの再生
  • スマート家電のコントロール

などAIスピーカーとしての基本的な機能に加え、特有の機能が搭載されているので見ていこう。

誰の声を判別できる

一般的なAIスピーカーは誰が話しかけても同じ答えを返す。

一方でHome Pod miniには誰の声か判別する機能が搭載されており、話しかけた人によって違う答えが返ってくる。

例えば「今日の予定は?」と話しかけると、各自の予定を教えてくれる

インターコム機能

Home Pod miniにはインターコム機能が搭載された。

この機能は主に家族と連絡を取るのに役に立つ機能だ。

例えば外出先からHome Podを介して自宅にいる家族に連絡したり、逆にHome Podに伝言を伝えて外出先にいる家族に伝えることができる

当然ながら外出先でなくても、他の部屋にいる家族にメッセージを送ることも可能

「ご飯できたよ」「〜持ってきて」などの連絡を音声だけで行えるのが魅力。

iPhoneとのシームレスな接続

iPhone11以降のiPhoneにはU1チップが搭載されている。

そしてU1チップを搭載したiPhoneを近づけるとHome Podは視覚的に反応し、シームレスに音楽を再生できる

例えばAmazonのAlexaは優秀なAIスピーカーだが、iPhoneとの連携を考えるとHome Pod miniに分があるのは間違いない。

Home Pod miniには無い機能

魅力的なHome Pod miniだが、 一方でHome Podには有るのにHome Pod miniには無い機能もある。

順番に見ていこう。

空間認識機能は非搭載

空間認識機能とはHome Podが周囲の環境を検知し、場所によって音を調整してくれる機能。

これがあることにより豊かな音を楽しめるとされており、Home Podならではの魅力だった

しかしHome Pod miniにはこの空間認識機能は搭載されていない

ホームシアターとしては使えない

Home PodはApple TVもしくは二台のHome Podを組み合わせることで、ホームシアター機能を使うことができる。

ホームシアター機能とは簡単に言えば映画館のような臨場感のある音を再現できる機能である。

例えば映画を見る際、飛行機が右から左に飛び去ったとしよう。

普通のスピーカーであれば音はスピーカーから聞こえる。だがホームシアターに対応してスピーカーを使えば、音は右から左へとあたかも本当に飛行機から音が出ているかのように聞こえる。

しかしこのホームシアター機能を使うには空間認識機能が必要であり、Home Pod miniでは使うことができない

まとめ

いかがだっただろうか。

価格がネックで手を出しにくかったHome Podに比べてHome Pod miniは10800円とお手頃。

価格的に他社のAIスピーカーと比べても同じ土俵に立った印象だ。

それでいてAppleならではの機能も抑えており、非常に魅力的なAIスピーカーと言える。

iPhoneユーザーには自信を持ってオススメできる一台だ。

おすすめの記事