【2022年】iPhone13/13proは裸で使いたい。オススメの最強スマホバンパーギルドデザイン !
スポンサーリンク

iPhone13カバーは何がベストなのか。

 

 

様々なiPhoneカバーが発売されており、本サイトでもいくつか人気の商品を紹介している。

 

今回はそんなスマホケースの中でも”スマホバンパー”を紹介したいと思う。

スマホバンパーとは

「バンパー」とは衝撃を和らげるためのもの。スマホの縁をガードするように取り付け、落下した時の衝撃からスマホを守ります。

 

平らな面に置いてもカメラや画面が接触しないよう、縁部分は肉厚になっています。

スマホケースの問題は、それぞれの個性に合わせて好きなデザインにできる一方、Appleオリジナルのデザインを楽しむ事が出来ない事。

特に今回のiPhoneは豊富なカラーバリエーションと、 Proのすりガラスの高級感ある背面とこだわりのデザインとなっている。

せっかくなので、このデザインを楽しみたい人にとって”バンパー”を採用するのはメリットが大きい

 

バンパーはiPhoneの側面をカバーするアイテムで、背面はそのままのデザインを楽しむ事ができる

また背面部には何もないため、フルカバーのケースよりも軽量化がはかれるのが特徴。

 

本体と同じ色で一体感を重要視する人や、色を変えてアクセントにしたりと、ユーザの好みによってさまざまデザインにできる。

 

今回はバンパーの中でもハードタイプとソフトタイプをそれぞれ紹介する。

スポンサーリンク

スマホバンパーメリット アルミバンパー

  • アルミバンパーは耐久性・耐衝撃性に優れている
  • 防水スマホなら、アルミバンパーをつければそのまま丸洗いできる
  • (ただしバチャバチャ洗うのはメーカー推奨ではないため、あくまでも自己責任で)
  • 熱伝導率が高いアルミケースをつけることで、効率よく放熱でき、故障を防ぐことができる

 

ギルドデザイン とは

バイクのカスタムパーツメーカーから始まったギルドデザイン。 バイク需要が減少するなか、「iPhoneを落としたらフロンとパネルが割れた。」という声を聞くことにより、バイクパーツの設計・製造で培った経験が活かせると思い、スマートフォンケースを製造するようになった。

一台数千万円する精密な工作機械を使用してジュラルミンの無垢材から削り出されるスマートフォンケースは、落下時の衝撃からスマートフォン本体を守る。

 

ケースの材質には航空、宇宙、レース部品に使用される「A2017」と呼ばれるジュラルミン無垢材を使用。その中でも最高品質と言われている古河スカイ製のジュラルミンA2017Sを採用。

ソリッドバンパーの四隅が出っ張っているのは単なる見た目のデザインではなく、 落下の際、四隅からの衝撃を吸収するために 「必要な肉厚」として設計されたものです。 この四隅がスマートフォンを守る大きな役割を果たしています。 ジュラルミン無垢材から精密に削り出した軽量で高剛性のケースでiPhone本体を外部の衝撃から守ります。
ギルドデザインのアルミケースに関するすべての物は日本で作られたモノとなっています。

おすすめギルドデザイン ソリッドバンパー 

created by Rinker
¥11,000 (2022/04/10 19:59:13時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ハードバンパーはアルミ素材で決まり

iPhoneの高級感を損ないたくない方へおすすめなのが”アルミ素材”のバンパー。

アルミの一番の強みは耐久性、耐衝撃性に優れていること。

 

LOOF バンパーケース

LOOF バンパーケース

航空用アルミニウム合金を採用した強度と軽さにこだわった商品。

特徴

  • 参加アルミニウム被膜により、耐食性、耐摩擦性、色落ちを防ぐ
  • 2パーツで構成され、挟み込むだけ
  • 背面保護シート付属
  • アルミバンパーは電波妨害が懸念されるが、LOOFは電波ホールにより改善されている

大きな特徴は合成アルミニウムを使用しているので他社製品より軽いということ。

一方で、被膜でコートティングされているので、チープ感が出てくるわけでもない。

カラーはブラックとレッドの2色展開のみとなる。

エレコム ハイブリッドバンパー

落下時の耐久性を重要視する人にオススメのエレコムのバンパー

弾性のあるTPU素材を採用しており、4隅TPUクッションが設置されているので、衝撃をしっかり吸収してくれる。

加えて背面カメラや背面に傷がつかないように、バンパー前後に凹凸があるので、置いた時に背面が直接触れる事がない。

色は透明に近い、黒と白の2色展開となっている。

 

 

迫力のあるDeFFのバンパー

DeFF バンパー

アルミバンパーの中でも有名なブランド『DeFF』。

独創的なデザインと、存在感のあるフォルムが人気の理由。

特徴としては

  • アルミニウム合金A6063採用で高強度で軽量
  • 4隅の保護機能も充実
  • 背面カメラとガラスを守るためにバンパーにある程度の厚みがある
  • 持った瞬間に手に馴染む、サイドフォルム

DeFF バンパー

他社のものより、少しお値段は上がるが、それでもこのデザイン性は目を引く事間違いない。

加えてチープ感もなく、機能性も充実している。

カラーはブラック、ブルー、ゴールド、グラファイト、シルバー、レッドの6色展開となっている。

CASEKOO

CASEKOO

高透明度のドイツ製素材を採用し、アイフォン本来の美しさと高級感をそのままに楽しめます。 200%衝撃吸収四隅のコーナー部分には独自のエアクッションを装備し、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、また画面と背面をデバイスより高く設計、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護して、全方位から本体を守ります。 快適のフィット感人間工学に基づき、また背面は高透明度のポリカーボネートと側面はSGS認証されたドイツ製のTPU素材を組み合わせしたことで、手に馴染んで非常に持ちやすく、装着・脱着も簡単になります。 一体感抜群新型iPhoneにより精密に設計されているため、 各ボタンにピッタリあって、ケースを装着したままスムーズに操作できます。またワイヤレス充電やApple Payにも対応します。 滑り止めデザイン背面0.5ぐらいの突起があり、机から滑り落ちることは心配なくなりません。

ソフトバンパー シリコンバンパー

超シンプルで軽量。価格も安く手を出しやすいソフトバンパー。

今回は中でも「どんなスマホでも対応」のエレコムのシリコンバンパーを選出した。

特徴はその名の通り、どんなスマホでも使えるという点。

シリコン素材で伸縮性があるので、iPhone11や11Pro Maxなどに限らず、iPhone8などでも使用する事ができる。

手に触れた時にフィット感やボタンの押し心地も悪くない。

実際「Appleが大好きなんだよ」さんがYoutubeで紹介しているので、参考にしてもらいたい。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事