【2019年版】Amazonで買えるおすすめのレーザープリンターはこれ!

文書や写真などの印刷に欠かせないプリンター。未だに年賀状という文化はまだ浸透しており、毎年お父さん方が年末に必死に作成している姿も珍しくはない。

今や、一家に一台が当たり前の時代となりつつあるプリンターは、安価なインクジェットプリンターが一般的だが、印刷スピードの速さ・文書印刷の精細さにおいて優れた実力を発揮するのが「レーザープリンター」になる。

そこで今回は、おすすめのレーザープリンターを紹介する。選び方や、Amazonで買えるおすすめプリンターも合わせて解説するので、購入を検討している方は是非チェックして欲しい。

失敗しないレーザープリンターの選び方

対応用紙サイズのチェック

レーザ―プリンターを選ぶ際には、主要用紙サイズ対応可能かの確認が必要。

家庭でプリンターを使う理由として、例えば旅行の際にプリントアウトしておきたい書類であったり、後日会社で仕様する資料の印刷、学生さんであればレポートの提出など用途は様々である。

コピー用紙の基本的にA4にはほとんどすべての機種が対応していますが、ポスター印刷などに活用できるA3に対応した機種は限られているので注意が必要。また、年賀状を印刷したい方もサイズチェックは必須。

コピー・スキャナー機能は便利

コピー機能は、家庭用のプリンターにもほとんど備わっているが、スキャナー機能は見たことがあるだろうか。

会社やオフィスなどで使用される大型のプリンターであれば、スキャナー機能は付いていて普通だが、家庭用プリンターでは滅多にない機能。使用する場面があるか疑問だが、あって便利に越したことはない。紙などを全てデータ化したい人にとっては必須機能であろう。

Wi-Fiの有無

Wi-Fi対応の有無を要チェックポイントの1つ。一昔前は、パソコンとプリンターをケーブルで繋げて使用していたが、Wi-FI機能があれば、有線接続する必要がないため、部屋の好きな場所に設置できるのが魅力。加えて、複数のデバイス(パソコン、スマホ、タブレット)からも簡単に接続可能。

また、通常はWi-Fiを使用する際には「アクセスポイント」と呼ばれる親機を別途設置する必要があるが、Wi-Fiの子機同士を直接接続できる「Wi-Fiダイレクト」機能を搭載したレーザープリンターであれば、親機は不要。

Amazonで買えるおすすめのプリンター

Canon キヤノン モノクロレーザビームプリンタ A4複合機 Satera MF232w

コピー・プリンター・スキャナーを標準装備のダイレクト接続対応のWi-Fiモデル。A4毎分23枚(A4片面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度)ファーストコピー9秒以下。

主な特徴

毎分23枚の高速コピー

独自のオンデマンド定着技術により、ファーストコピーも9秒以下(※2)と迅速。1枚目から速いので、急ぎのコピーにもすばやく対応できる。

応用コピー機能

作業効率を高め、コストも削減。2枚の原稿を縮小して1枚にまとめる2in1機能に加え、4枚の原稿を1枚におさめる4in1機能も搭載。定型倍率での拡大縮小はもちろん、目的に合わせて1%刻み(25%~400%)で拡大縮小可能。2枚以上の原稿を複数コピーする際、用紙をページ順に並べて仕分けることもできる。

モバイルプリント

ビジネスシーンで活用が進むiPhone/iPadやAndroid端末に対応した、プリント&スキャンアプリケーション「Canon PRINT Business」。モバイル機器のデータ・写真のプリントや、複合機でスキャンしたデータの取り込みが簡単にできて、モバイル端末に保存しているファイルの管理やメール送信も可能。

チルト式操作パネル

水平と垂直の2段階に可動するチルト式操作パネルの採用で、立った状態での使用はもちろん、デスクワークにも最適。液晶表示を確認しやすく、作業効率アップにもつながる。

家族で便利に使っています。

今までカラーのインクジェット複合機(CANON PIXUS MG6130)を使用していました。
コストも然り、ヘッドの詰まりや立ち上げの時間、度々のウォームアップにストレスを感じていました。
暫く使わずにいると何色かインク切れやヘッドの詰まりを起こしており、
面倒で1年以上放置→邪魔になり、、処分と同時に本機を購入してみました。購入の条件はWi-fi接続できてコピー機にもなるリーズナブルなもので選びました。
大きさは上述のIJP機種から高さだけが倍位大きくなりましたが、フラットなデザインなので圧迫感もありません。
常に電源を入れておいても待機時の音も無く立ち上がりもスムーズ。
普通紙でもインクジェットのようなにじみも無い為、
モノクロですが、写真プリントをしない自分には必要十分でした。小学生の娘も、学校のプリント等を自分でコピーできるので喜んでいます。
学校や塾のテキスト等、B4やA3だったりするものはそのままコピーできないのが難点なのですが、
スマホで写真を撮って、スマホアプリ(Canon Print Business)のキャプチャで
トリミング(歪みも補正できます)→プリント の一括操作で、A4に縮小コピーしたような状態でプリントできます。
これが意外に面白くて、壁に掛かった大きなカレンダー等もぴったりA4でプリントできるので
子供は塗り絵にしたり、スケジュールを書き込んだりと楽しく使っています。
モノクロレーザーってちょっと事務っぽい泥臭いイメージがあったのですが、
こんなに楽しくて便利とは、目からウロコでした。

また、子供が使うプリント類はインクよりトナーの方が水や汗で滲んだりする事が無いのも利点の一つかと思います。

インクジェットの時ヘッドの心配やら印刷までのモヤモヤからも開放されてプリントがとても身近になりました。

lilice
おすすめの記事