[まとめ]ニューバランスが愛される理由。歴史や製造背景から読み解く

本当に歩きやすいスニーカーとは?

夏も終わりに近づき、気温が少しずつ下がりつつある。

秋になり過ごしやすい季節がやってくる。外が暑くて外出を控えていた人も、観光や旅行などで出かける機会が増えるのでは無いだろうか。

そんな中一日中歩き続ける時などは、体力も使うし、慣れない靴だと足が痛くなってしまう。

少しでも足に負担をかけない靴を見つければいいのだが、オシャレでどんな場面でも使えるモノを探すのは難しい。

ただ最近デザインも良く、疲れにくいシューズとして「ニューバランス」が注目されている。

今回はニューバランスがなぜそんなに評価されているのか。歴史や制作の背景から読みといていこうと思う。

ニューバランスの歴史

ニューバランスは1906年に設立されたメーカーでナイキやアディダスよりも長い歴史を持つ。

元々は「矯正靴」を製作しており、人の足の形の問題を解決できる靴を開発していた。

ニューバランスの名前の由来は、そんな矯正靴履く人にとって「新しいバランス」をもたらすという意味の元名付けられた。

設計段階で「鶏が庭でまっすぐに立っている姿」にインスパイアーされ、3点支持を軸とした靴のバランスを保つ靴が開発された。

その後、足に負担をかけないスニーカーを研究し続け「ウィズ・サイジング」と呼ばれる、足のかかとと側部と負担の掛かりやすい部分を中心に、足全体を固定することを考えた、デザイン構造をあみだした。

他者を圧倒する独自のノウハウは「足についてこの世で最も知り尽くしているスニーカー」として有名になった。

ニューバランスの製造の裏側

ニューバランスは様々な種類があるが、一番高額なもので4万円近くいくものもある。

なぜニューバランスは少し高めの金額になっているのか、それは製造背景にある。

お気づきかもしれないが、ニューバランスは「職人の手」によって作られているからである。

製作工程の中で、工程の細かく分割し、1部分1部分丁寧に、熟練された技術者が携わっている。

クッション性や安定感など、ユーザーが履いた時の心地よさは、機会だけじゃなく、靴に触れて製作する中で、人間らしい精密さが生まれる。

その1つ1つの作業がニューバランスの価値を生み出しているのだ。

履きごごちだけじゃないデザイン性

長年愛され続けているニューバランスのスニーカー。

デザインの素晴らしい点は、過去のレトロ感が現代までも生かされているところ。

もちろんシリーズによっては形やデザインは異なるが、一貫して控え目な美学を感じる。

年齢や服装を問わず合わせやすく、ビジネスシーンでも使えるシューズ。若年層の間でも「ダッドシューズ」として人気を博している。

歩きやすさはシューズメーカーの中でもトップクラス。デザインは好みはあれど、多くの著名人も愛用しているので大衆受けも悪くない。

本記事でも各シューズの特徴や価格などについて紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

おすすめの記事