ロングセラーモデル ニューバランス996を徹底解剖 おすすめコーデも紹介!

多くのファッショニスタに愛用される人気スニーカーとして定着する『New Balance(ニューバランス)』
最近では、シンプルなランニングシューズからハイテクスニーカーまで多彩なモデルを展開しているニューバランスだが、その中でも不動の人気を誇るのが「996」

初めて発売されたのは1988年ですが、その後も様々な種類の996が発売され、現在も多くの人から支持され続けているモデルです。今回はそのニューバランス「996」にフォーカスし、ロングセラーモデル「ニューバランス996」を徹底解剖します。

ニューバランス996のコンセプト

996が初めて発売されたのは1988年。「1000点満点中990点の仕上がり」というコンセプトで話題を呼んだ990シリーズの、第3弾として発表されたモデルになります。1982年にランニングシューズとして登場した990番台の先駆けたる「M990」。その後継モデルとして1986年に登場した「M995」に続き、発売されたのが996シリーズの初代作である「M996」です。

 

ニューバランス996の種類

ニューバランス996には主に3つの種類が存在します。

M996 MRL996 WR996
生産ライン アメリカ産 アジア産(中国、ベトナム) アジア産(中国、ベトナム)
製造方法 ハンドメイド 機械によるオートメーション 機械によるオートメーション
販売価格 25,000円+(税) 14,800円+(税) 12,000円+(税)
特徴 ・プロポーションが高く、サポート性に特化
・耐衝撃性に優れるEVA素材を使用したENCAPとクッション性などを重視したCCAPを採用→これにより抜群の履き心地
・軽量性に優れる衝撃吸収材「REV LITE(レブライト)」のミッドソールを採用→これにより抜群の軽量化 ・軽量性に優れる衝撃吸収材「REV LITE(レブライト)」のミッドソールを採用→これにより抜群の軽量化
デザイン ・シュータン「MADE IN U.S.A.」 ・シュータン「New Balance」 ・シュータン「New Balance」
希少性 高い(比較的手に入れにくい) 普通(比較的手に入れやすい) 普通(比較的手に入れやすい)

画像出典ーニューバランス公式オンラインストアー(http://urx.red/Xpmz

ニューバランスの996には、アメリカ製の「M996」アジア製「MRL996」「WR996」の3種類が存在します。WR996はMRL996のレディースモデルになります。M996は、1988年に登場したオリジナルモデルで、そのM996の廉価版として2012年に誕生したのがMRL996になります。

モデル名の“MRL”は、M(メンズ)、R(レブライト)、L(ライフスタイル)を意味し、名前のとおり軽量でクッション性に優れる衝撃吸収材「REV LITE(レブライト)」のミッドソールを採用。対してM996は、耐衝撃性に優れるEVA素材を使用したENCAPクッション性などを重視したCCAPを採用しており、これにより抜群の履き心地を誇ります。

最近では、M996よりもMRL996の方が1万円近く安い価格設定と色展開の豊富さがあることから「手頃な価格で買えるニューバランス」として多くの人から支持されています。

M996 MRL996 WR996などモデルの違いについて

ニューバランスM996  MRL996  WRL996などにどういった違いがあるのか?ということを徹底解析。

ニューバランスM996

ニューバランスM996とは、簡単に言えば、生産がアメリカのメイドインUSAのニューバランス996。正確にはニューバランスM996

後で紹介しますが、ほかの996がアジアなどの生産であるのに対し、USA(アメリカ生産)のモデルは職人たちがハンドメイドにこだわったて生産されているため品質が高い。

そして、価格帯も後述するMRLなどに比べて1万円ほど高く2万円~が当たり前になるほど高級な部類のスニーカーになります。ニューバランスM996はUSAモデルで単純にアメリカ生産だから値段も高価なのかというと実際に理由はそれだけではなく、職人たちのハンドメイドでハイクオリティでありクッション性にも違いがあります。

ニューバランス自慢のテクノロジーであるエンキャップとCキャップのクッション性は発表当時から絶賛されていて現在でも根強い人気を誇ります。履き心地に関しても、ニューバランスファンやショップからは、やはりアメリカ生産であるM996がいい。

M996は超人気モデルでもあり、欲しい時にサイズが見つかれば即買いするぐらいじゃないと、なかなか手にいれることができませんので気に入ったモデルがあって在庫を見つけたら即買いがおすすめ。

ニューバランスMRL996

M996がUSAモデルと紹介しましたが、ニューバランスMRL996は、アジアの生産で中国やベトナムなどの生産になる。

先ほどのM996が高品質のアメリカ生産モデルといいましたが、アジア生産のMRL996も特に品質が悪いというわけでもない。履き心地もよく高品質、リーズナブル、手に入りやすいなど様々な要因もあり、実際、ニューバランス996の売れ筋の中では、このMRL996が一番売れているモデルとなっている。

きっちりとスエードなど高級な素材も使われていて、外観上の違いはニューバランスのスニーカーが好きな人以外はあまり気が付くこともないだろう。ミッドソールにはレブライトというクッション性と軽さを両立したソールを搭載されている為、軽さでいえばアメリカ製であるM996よりも軽量。

ニューバランスのスニーカーが好きな人には、先ほどのクッション部分のエンキャップとCキャップとレブライトの違いからあっという間に見抜かれる。

ニューバランスMRL996M996に比べると比較的手に入りやすく、外観上の違いも素人目にはM996とはたいして変わらない為、このデザインが好きでM996に2万円を出すほどの執着がない方には、クッション性や履き心地も十分で、さらに低価格な上、軽量とまさにいうことなしの魅力的なモデルといえる。

★送料無料 new balance ニューバランスオーセンティックな魅力を放つ「996」 ハイブリッドモデル スニーカーMRL996-AG クールグレー

ニューバランスWR996

ニューバランスWR996は、簡単にいうと先ほど紹介したMRL996のレディース版。レディースということもあり細身で可愛らしいカラーが用意されている女性の為のニューバランス996。

女性ファッション誌で登場回数が多く、女性芸能人も好んで履いている方も多いせいかこちらの人気カラーやサイズは圧倒的に売り切れが多い。ニューバランスWR996人気カラーなどで検索してみてもよほどタイミングが良くない限り、ほとんど人気カラーは売り切れているような状態。

 

ニューバランス996シリーズの違い解説してみたがまだまだ掘り起こしていこうと思う。

こちらの関連記事合わせて参考にしてほしい。

 

ニューバランス 996 の魅力

スマートフォルム(SL1ラスト)

ニューバランスがメインで使っているラストは「SL-1」と「SL-2」の2種類になります。996で採用されているラストは「SL-1」でこれはすっきりとしたやや細身のシルエットで、1500や1700などでも使われています。SL-2というラストはややゆったりめの形状になります。

画像出典ーHeritage circusー(http://urx.red/8VYS

SL-1はホッソリとしていてスタイリッシュに見た目になります。細身のルックスがシャープでどんな服装にもあわせやすいため、ジャケットなどキレイめなコーディネートにも合わせやすいのが魅力的です。

豊富なカラーバリエーション

色のバリエーションが充実しているのも996シリーズの魅力です。シンプルな配色から、発色の効いたモデルまでラインナップがあるため、自身の好みにあったカラーを必ず見つけ出せます。※M996とMRL996(WR996)でカラーバリエーションが異なります。

 

View this post on Instagram

 

43einhalb® Sneaker Storeさん(@43einhalb)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

LTD online JPさん(@ltd.online)がシェアした投稿 -

 

詳細は公式ページにてご確認ください。画像出典ーニューバランス公式オンラインストアー(http://urx.red/Xpmz

ニューバランス996を使ったおすすめコーデ

画像出典ーWEARー(http://urx.red/0TUi

こちらのサイトにニューバランス996を使ったコーディネートが紹介されています。
WEAR -ニューバランス996を使ったコーディネート-

おすすめの記事