【改善まとめ】少ない睡眠で体を回復させる便利グッズ・アイテム

次の日に疲れを引きずらせないために就寝前の準備は大切。

近年日本人の睡眠時間が低下傾向にあると報告されている。

社会人の方は特に残業や休日出勤など日々忙しい生活を送っているので、どうしても家にいる時間が取れないなんてこともあるだろう。

そんな中出来るだけ睡眠の質をいかに上げるかは重要だ。

深い眠りにつければ、その分少ない時間でも体は回復することができる。

今回はそんな布団に入り、寝るまでにしておくと睡眠の質をあげれる便利グッズと方法を紹介したいと思う。

寝る前にしておくべき準備

快眠をするための方法について多くの記事があるが、まず簡単にまとめておこう。

  1. 運動を心がける
  2. 少なくとも床に就く30分前にはスマホやテレビなどから発せられるブルーライトを避ける
  3. 睡眠時間をルーティン化する
  4. 睡眠前行動をルーティン化する
  5. アルコールやカフェインを取らない
  6. 夜食や寝る直前の水分補給は避ける

主な心がけは以上だが、案外難しい。

例えば普段の生活の中に運動を入れる時間があるのかどうかは疑わしい。

睡眠時間も日々の生活の変化に順応に対応しようとなれば、一定の習慣にするのは困難だ。

上記全てをこなす事が出来れば、いいがそうもいかない。

そんな時に簡単で役立つ睡眠グッズを採用してみるのもいいかもしれない。今回はいくつかおすすめの商品を紹介する

心地よい眠りにつくための便利グッズ

きき湯 ファインヒート リセットナイト

紹介するのはお風呂の際に使えるアイテム。

なぜお風呂?と思うかもしれないが体温と睡眠は密接に関係している。

人間には「皮膚温」と「深部体温」があり、皮膚温は表面上の温度、深部体温は体の内部の温度のことをさす。

眠りにつく時、この深部体温の温度を下げることで脳も体もリラックスし睡眠状態になる。

通常深部体温は皮膚温よりも2℃温度が高いのだが、この差が広い状態だと、眠りにつきにくくなってしまう。

というのも皮膚温の温度が上がらないことには、深部体温の熱を発散させる事ができないため、体がリラックス状態にならない。

冷え性の型の睡眠の質が低いのは、この皮膚温に問題があると言える。

つまり、お風呂に入って一度体温をあげ、その差を埋めることで睡眠に大きな効果を与えるというわけだ。

「きき湯 ファインヒート リセットナイト」は他の入浴剤と異なる特徴として

  1. 高濃度炭酸ガス
  2. 高配合の温泉ミネラル「食塩」
  3. 生薬「ジンジャー末」

がある。この炭酸ガスは肌に浸透しやすく、血管を広げ血流を良くする効果があるので、体温をあげるのには適している。

加えて食塩やジンジャーは冷え性にも効くので、寝るまで体を冷やさない持続性もある。

香りも数種類用意されているので、お好きな匂いでバスタイムを楽しんでみるのもいいかもしれない。

バスクリン きき湯 ファインヒート (FINE HEAT)リセットナイト ボトルタイプ 400G 入浴剤

めぐリズム 蒸気でホッとアイマスク

もうすでに有名になっている「めぐリズム」。多くの方が愛用している。

そもそも効用はどんなものなのかお話すると。

日々パソコンの前でデスクワークする方や、スマホを一日ながめていると、知らず知らずに目に疲れがたまる。

目は一日中働かせてしまうと、筋肉が硬直し眼精疲労を起こしてしまう。

蒸気で目を温めるのは、この筋肉をほぐすために効果的なのだ。

また明かりも完全にシャットダウンしてくれるので、より目に負担をかけずリラックスできる。

香りはいくつか種類があるが、特にラベンダーの香りは睡眠効果を促進させるのでおすすめだ。

サプリメントを使う方法もあり!

睡眠の質を高めるために私も愛用しているのは「サプリメント」。

勘違いしてはいけないのが、飲めばすぐに寝られるという睡眠薬とは違うという事。

あくまで深い眠りにつき、効率よく体を回復させるためのアイテムだと考えてほしい。

マグネシウム

日本人の40%が不足していると言われているマグネシウム。

実はマグネシウムは睡眠の質を高める効果がある。

必須ミネラルで、不足すると睡眠の質がガタ落ちする。運動するとマグネシウムは発散されるのでアスリートのかたは特に必要な栄養素である。

研究によると320gの7日間取り続けた結果、不眠が改善され、寝不足による老化などの影響が軽減されたという。

眠気を誘発するわけではなのでいつ摂取しても問題ないので、1日の間のどこかでサプリメントで補給しておくといいかもしれない。

メラトニン

メラトニンは睡眠は関わる物質。

主に体内時計を調整する性質があり、日中はメラトニンはあまり分泌されず、夜になるにつれ分泌量が増える。

これは日光が関係しており、明るいところでは発生しない。つまり室内でも強い照明を浴びると分泌量が減ってします。

よって寝る数時間前に暗い環境に身をおくのがベストだが、そうもいかない人は直接摂取する。

摂取量は人にもよるがMax10mg。

初めは1mgから初め、効果の効き方によって変えてみるといいかもしれない。

マグネシウムと違い、摂取した段階で眠気を誘発するので、寝る前に飲むように心がけてほしい。

Z-Elite / ナチュラルスリープサポート / 筋肉回復 / 睡眠補助 / メラトニン / 180カプセル [RSP Nutrition]

 

おすすめの記事