【2019年版】コレは買っても後悔しない「ミニ財布(三つ折り財布)」キャッシュレスな時代へ!

キャッシュレス還元も相まって、着々と需要が高まるミニ財布(三つ折り財布)

2016年から今年にかけて、二つ折り財布や三つ折り財布、マネークリップの利用者も増えてきており、消費者の傾向が時代と共に変わりつつある。

しかし、トレンドになりつつあるこの財布には少し注意が必要。早急に手に入れたいがために勢いあまって「変なの買ってしまった…」なんてことは避けたいところ。また、安物はすぐにへたんでしまうので注意が必要だ。

今回は「これだったら後悔しない」とおすすめできるミニ財布を紹介する。これだけは押さえておきたい選び方のポイントも合わせて紹介する。

コンパクトを意識しすぎるのも落とし穴の1つ

ミニ財布は、コンパクトであればあるほど良いと言えるだろう。そもそも、ミニ財布を買う理由が「小さい財布が欲しい」「ポケットに入れてもかさ張らない」等であろう。

現在、Amazonや楽天市場で「超小型」や「極薄○○mm」などのキャッチフレーズを売りにしているがコレには注意。

まず1つ目に、コンパクトに注力した製品は100%使いにくい。これはイメージして欲しいのだが、私達が財布を使用する際はほとんどが立った状態ではないだろうか。

そんな時に、抜き差ししにくいお札入れ機能や、今にも溢れ落ちそうな小銭入れだと、毎回会計の際に気を使ってしまい、変な体力を消耗してしまう。

実はネガティブレビューで1番多かった意見がコレで、ユーザーは買った後にその使い勝手に後悔してしまう。

では、どんな形のミニ財布がいいのか?

小銭入れ部分はボックス型が断然おすすめ!

小銭入れはミニ財布を選ぶ際に最も重要なポイントである。

この小銭入れの形は様々で、一般的にはポケット型と写真のボックス型である。私の経験上では、今までポケット型の財布を使ってきたが「小銭が見にくい」「取りづらい」「毎回たくさん小銭を触ることになる」などデメリットばかりだった。また、ポケットにしまった際も一点に集中するので、どうしてもかさばりが気になった。

しかし、ボックス型は開けた際に、小銭の見える範囲大きく取りやすさもある。現在ではこのボックス型がユーザーから高評価を得ているそう。

お札入れも出し入れしやすいモノを!

お札は特に使用する機会も多いので、簡単に出し入れできる財布を選ぶことをおすすめする。

1番のおすすめは、マネークリップ式以下におすすめの財布を2つ紹介しているので、是非合わせて読んで欲しい。

「これだったら後悔しない」とおすすめできるミニ財布

Piccolo

いつの日も変わることなく革小物の定番として使われるイタリア本革を使用した逸品。

小さい(Piccolo)の意味を持つ本シリーズは、必要な物は持ち運びながら、究極の携帯性を追求したいという想いを込めて名付けられた。

W9.5cm * H7.5cmというコンパクトボディーながらカードにコイン、お札がしっかり入る収納力が魅力で、カード収納スペースは2箇所に設置し、複数枚のカードを持ち運び可能(レビューでは最初は革が硬いので最高4枚)

また、小銭入れは評判の高いボックス型を採用。

現在では、この財布が1番薄型(かさ張らない)でポケット型の小銭入れを採用している。また新しい商品を見つけ次第随時更新していく。

おすすめの記事