Macbookの充電器はこれしかない。世界最小クラスで”61W”の最高出力。

Macbookと一緒に持ち歩く充電器にこだわりたい。

日々の生活の中で必ず持ち歩く物の中に『パソコン』と答える方は多いのではないだろうか。

社会人の方に限らず学生も必需品となっているパソコン。

一方でパソコンと一緒に常に持ち歩いてる物と言えば充電器もあげられるだろう。

バッテリー容量が大きいと言えど、作業時間や動画編集などのマシンパワーを食うタスクによっては1日中充電なしで作業というわけにはいかない。

ただ持ち歩くには充電器は地味に重い。出来ればより軽量で、ミニマルに持ち運びたい。

そんな方のための「世界最小クラスのサイズ感。なのに出力は最強61W」という魅力的な商品を紹介したいと思う。

RAV Power 「RP-PC112」

RAV Powerはモバイルバッテリーなどを扱っている中国ブランド。

モバイルバッテリーや充電器はAnkerが低価格で有名かもしれないが、RAV-Powerも負けていない。

SNSを中心としたマーケティングで顧客を確保し、かつクオリティの高い商品を提供する事で、ユーザーをがっちり掴んでいる。

さて今回紹介する「RP-PC112」について主な特徴をまとめていこうと思う

  • 最小4.9 x 4.9 x 3.2 cm のコンパクトサイズ
  • 重量はたったの105g
  • 最大出力61Wによる高速充電
  • 次世代パワー半導体素材「GaN」採用により、電力損失と発熱量が小さい
  • 過充電保護、過熱防止、ショート防止でPSE、TUVの認証もクリア

世界最小最軽量クラス

まず一番の特徴と言ってもいいサイズ感。

60W Macbook Pro 充電器と比べても約50%小さいという驚くべき大きさ

厚さ自体もApple純正の充電器と変わらず、手のひらに収まるほどだ。

またこのサイズ感なのに対し、便利な折りたたみ式プラグを採用しているので、収納にも困らない。携帯性の高さまで保証された設計は細かい部位までこだわっているのが伝わる。

出力の大きさはMacbook Pro純正充電器に負けない

売りは軽さや大きさだけでなく、その出力の大きさにある。

Macbook Proの充電器の出力が60Wなのに対し、RAV-Powerの充電器はなんと61W。

13インチのMacbook Proであれば1.8時間あればフル充電できるほどのパワーを持っている。

またケーブルは別途購入する必要があるが、iPhone XS MaxやiPhone XRなど高速充電対応・非対応に限らず使用することができる。iPhone XS MAXの場合、2時間でフルスピード充電することができる。

汎用性の高い充電器なので、ケーブルとこれ一台持ち運べばOKなんて、ミニマリストにはたまらないだろう。

その他の機能も充実

従来主流だったシリコン半導体ではなく「次世代半導体素材GaN」を採用している。

充電効率が良い上に、出力が大きくても発熱を抑えられる。本性能は今回の製品をコンパクに設計する事にも起因している。

過充電保護や過熱防止、ショート防止などの充電保護システムも付いており、かつ様々なデバイスとの互換性が高い。

特にUSB-C関連の機器であれば、スマホからタブレット、Surfaceなどのパソコンなどにも使用できる。

まとめ

累計販売台数10,000台以上を売り上げたRAV-Powerの「RP-PC112」。

このサイズ感、出力数、熱効率、どれをとっても素晴らしい商品ではないだろうか。

レビュー評価も高く、充電器だけでなくモバイルバッテリーを購入した人も多いだろう。

ぜひミニマルな生活を求める人は購入してみて欲しい。

 

 

おすすめの記事