【2020年】メンズ春コートはステンカラーとトレンチコートで決まり!

寒暖差のある春に使いやすい春コート

今年はすでに春並みの暖かさになり、昼間は冬ものを着れないほどの陽気な気候が各地で続いている。

そろそろ春用のコート買っても良いかな」と思っている方に、今回はおすすめのステンカラーコートトレンチコートを紹介する。

スプリングコートは大人っぽく見せるため、合わせるアイテムの色や柄でカジュアル感を調整が必要。

今買おうか悩んでいる方は、是非最後までチェックしてほしい。

春コートの種類

季節によってコートの種類も異なるが、春の季節も何種類かあるため、選ぶのが難しくなってくる。

一般的には以下の5つのコートが主流である。

  • チェスターコート
  • ステンカラーコート
  • ノーカラーコート
  • デニムチェスターコート
  • トレンチコート

この中でもおすすめしたいのが、ステンカラーコートとトレンチコートである。

理由として、ビジネスとプライベートで兼用できることと、インナーが合わせやすいことである。また消去法としてチェスターコート、ノーカラーコートは学生の人気が高く、少し大人感が抜けて見えてしまうためおすすめしない。

デニムコートに関しても、トータルコーデの素材統一が少し難しい。

もし、「どの形を選ぼうか」と悩んでいる方はステンカラーコートとトレンチコートを買っておけば、外すことはないだろう。

大人が選ぶ色とは?

最近では薄めから濃いめの色まで、様々な色を持った服が売られているが、大人が選んではいけない色もある。

春コートに関して言うならば、エンジ色、薄めのグレー、青色、白色である。これらは子供感、学生感が出てしまう色なのでなるべく避けたいところ。

逆におすすめな色として、濃いめのグレー、薄めのベージュ、カーキの3色である。これらの色は大人の雰囲気を演出しやすく、トータルコーデも組みやすい色になる。

おすすめのステンカラーコート/トレンチコート

BALMACAAN COAT コットンステンカラーコート 9502-35

Amazon・楽天市場で高評価と多くのレビューを獲得している人気のコート。

アメリカ産綿花のうち最高級の品質を誇るのがピマ・コットンで、その中でもさらに厳選された高品質のものが 「 スーピマ・コットン 」 と呼ばれる。

絹のような光沢と、細くて長く ( 繊維長3~4cm )、ソフトでしなやかな風合いが特徴。

表生地の厚みは、バーバリーの定番コートぐらいで、特に裏地の柄はセンスがある。

コットン100%のステンカラーコート

コットン100%ではあるが着て重さを感じず着心地が良い。今回はカーキー色にしたが光の加減で生地の光沢が代わり風合いも良い商品であった。是非、ネーム入れのサービスを行なって欲しい。
購入者

カベル/KABEL ステンカラーコート

ファッションでなくスタイルを表現する“KABEL”より、別格の存在感を放つコート。

2種類の糸を組合わせて織りたてた生地はしなやかで、Aラインのシルエットと相まって流れるような美しい形。

また、交織ならではのユニークな色の見え方が特徴で、ひと目で違いを感じさせる、雰囲気のあるコート。

襟にはコーデュロイを採用してトラディショナルなアクセントをプラス。少しバブアーに似た雰囲気もある。

トレンドに左右されず、いつの時代も着る人のセンスを際立たせてくれる非凡な一着。

HERNO トレンチコート 19SS

HERNO 春夏トレンチコート。

もともとトレンチコートはミリタリーコートな訳だが、どこか小奇麗な感じがしてなぜかエレガント。故にスーツの上からも羽織れるし、カジュアルなスタイルにもマッチしてくる万能である。

特徴として、HERNOのコートはイタリア製モデルで縫製や細かな作りのディテールで優れている。

また、トレンチならでは薄てな生地で、春だけでなく初夏にも使用できる。先ほど紹介した2つの商品より、生地感は薄いが汎用性は高い。

イメージ通り

ナイロン素材ながら、変なてかりもなく、少し皺が入った様な素材も気に入っています。着心地も軽やかで、オンにもオフにも大活躍しそうです。
machakun
おすすめの記事