【買うならこれ!】電動歯ブラシの磨き方は大丈夫?最新商品で悩み解決

強く磨きすぎない電動歯ブラシ

生きていく上で毎日必ず行う歯磨き。ただ朝の忙しい時間帯、面倒に感じる人もいるのではないだろうか。

そんな時に便利なのが電動歯ブラシだ。歯に当てるだけで自動的に高速振動し、効率よく丁寧に磨いてくれる

電動歯ブラシについては過去に当ブログでも紹介している。

しかし便利な電動歯ブラシだが、強く当ててしまうと歯や歯肉を痛めてしまう

そこで今回は正しい力加減で磨くことができる、フィリップスのソニッケアープロテクトクリーンを紹介する

フィリップス

 

 

フィリップスとはオランダのアムステルダムに本拠を置く大手電気機器関連機器メーカーのこと。

主にヘルスケア製品や医療関連機器を取り扱っている。

日本では電気シェーバーや電動歯ブラシで有名だ。

歯は一生モノ。無名のメーカーのものは使いたくない!という人も居ると思うが、フィリップスは世界的に有名な企業なので安心して使うことができる。

ソニッケアー プロテクトクリーン

ソニッケアーはフィリップスが展開する電動歯ブラシのこと。

現在大きく分けて9種類のラインナップがあるが、ダントツでプロテクトクリーンがオススメ

まずは簡単に特徴を紹介する。

  • 毎分31000回の超高速振動で効果的に汚れを落とせる
  • 初心者も使いやすいイージースタート機能搭載
  • 理想的な時間で歯磨きをできる
  • 安心の2年保証
  • 電池持ちは二週間
  • 加圧防止センサー搭載
  • ブラシ交換のお知らせ機能搭載
  • 価格は6400円と比較的安い

注目すべきはイージースタート機能。電動歯ブラシはかなりハイパワーなので、初めて使う人は驚くと思う。この機能を使えばスイッチを入れた直後は振動を抑えてくれるので、初心者でも安心して使うことができる。

 

アメリカの歯科専門家によると、歯磨きは2分で終えるのが良いのだそう。

プロテクトクリーンは歯を磨く際30秒ごとに一瞬停止し、2分経った時点で完全に停止するこのリズムに合わせて歯の上下表裏を磨くことで理想的な時間で歯を磨くことができる


【Amazon.co.jp限定】フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーン ホワイトライトブルー 電動歯ブラシ 強さ設定なし ホワイトプラスブラシヘッド HX6819/36

上位モデルに劣らない高速振動

ソニッケアーの代名詞とも言える毎分31000回の超高速振動。実はこの機能、26000円以上する最上位モデルと全く同じもの

上位モデルのような歯磨きモードは搭載しないものの、単純に「磨く」という面では性能は同じなのだ。

電動歯ブラシというと高そう…というイメージがあるが、プロテクトクリーンは6400円でソニッケアーならではの機能が味わえる

力を加えすぎると教えてくれる

振り返ってみて欲しい。歯をゴシゴシと強く磨いてしまった経験はないだろうか。

忙しい朝、早く寝たい夜。速く磨こうするとどうしても力が入ってしまう。しかし歯は強く磨けば綺麗になるというものでもなく、むしろ歯や歯肉を傷つけてしまうのだ。

そこで役に立つのが加圧防止センサー。プロテクトクリーンの目玉機能だ。力が入りすぎている時に振動を弱くし、ランプで知らせてくれる

つい歯磨きで力が入ってしまう人や、力の加え方が分からない電動歯ブラシ初心者には必須の機能だ。


【Amazon.co.jp限定】フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーン ホワイトライトブルー 電動歯ブラシ 強さ設定なし ホワイトプラスブラシヘッド HX6819/36

慣れてきたらイージークリーンでもOK

ここまでプロテクトクリーンの紹介をしてきた。ここからは電動歯ブラシに慣れてきた人にオススメなイージークリーンを見ていく。

プロテクトクリーンとの違いは主に4つ。

  • デザイン
  • 加圧防止センサー非搭載
  • ブラシ交換お知らせ機能非搭載
  • 4900円で購入できる

イージークリーンは毎分31000回の超高速振動にも対応しており、機能的な違いはたった2つだけ。価格もプロテクトクリーンより1500円ほど安い。

電動歯ブラシの力の加え方やブラシ交換の時期は段々と分かってくるものだ。

プロテクトクリーンが壊れてしまったとき、次に買うのはイージークリーンで十分かもしれない。


【2016年発売モデル】フィリップス ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ ホワイト HX6521/01

まとめ

モノを食べるために、歯は欠かせない存在だ。健康な歯が多いほど長生きできるとも言われている。

今回はそんな大切な歯を適切に磨くための電動歯ブラシ、プロテクトクリーンを紹介した。

ぜひこの機会に検討してみてはいかがだろうか。

 

おすすめの記事