【DAMUE】最高に格好良いG-SHOCKはこれ!メタルカスタムで腕時計の域を超える!GW-5000-1JF

人気ブランドカシオが展開する、日本が生んだ世界的時計ブランド「G-SHOCK」。1983年の誕生から現在に至るまで高い人気を誇り、その名前を知らない人はいません。私の住んでいる マレーシア でも大人気で、若い世代の方から社会人の方まで、男女を問わず付けている人をよく見かけます。

世界中で人気のG-SHOCKは魅力的なラインナップを続々と発表しており、種類が多く選べないという方も多いはず。

そこで今回は、私がお勧めするG-SHOCK GW-5000-1JF最高に格好良いG-SHOCKのメタルカスタマイズDAMUEを紹介したいと思います!

こちらはフルメタルボディーシリーズ初となる、チタンを用いたモデルになる。是非合わせて読んでいただきたい。

G-SHOCK GW-5000-1J

重厚なメタルケースで、スクリューバックを採用した初代モデル「DW-5000

電波を通しづらく受信には不利なフルメタルケースで、かつ重厚になるスクリューバックを採用しながら、世界6局の標準電波を受信するマルチバンド6の搭載を実現した1品。スクリューバックはミラー加工も施し、上質感を演出。また、樹脂バンドには装着感の良いソフトウレタンを採用しています。

利用者の多く方に好評で、「手首へのフィット感も良好できつくはめても柔らかく包み込んでくれるような優しい感触で長時間はめても辛くない」そうです。1983年に誕生したG-SHOCKオリジナルデザインに最新のテクノロジーを搭載し、更に上質に仕上げたこだわりのモデルです。

個人的には、液晶のまわりに所狭しと記載されている英語で書かれた機能説明が機能性を重視するGショックらしさが出ていて好きです。

カシオ Gショック GW-5000-1JF デジタル ソーラー・電波時計 腕時計 メンズ

Amazonでの口コミ

やはりgw-5000-1jfがベストでした

最近、gw-5000-1jfを正規店の方で買わせていただきました。機能性、着け心地、安心感、何をとっても満点をつけてあげられる腕時計です。どこかにぶつけても、擦り傷が付いても、落としても、G-SHOCKゆえに、あっ大丈夫かと思えます。
日本製という所に、このG-SHOCKを買いたいという欲もあり、買った日に裏蓋のスクリューバックにmade in japanの刻印を見て、とても満足しました。予想以上に裏蓋が綺麗でした。
Twit

満足。

スピードモデル。高価ですが、DLC処理された美しいスクリューバック、MADE IN JAPAN、赤の差色が少なくシックな盤面の佇まい等、所有欲を満たしてくれます。仕事柄時計をぶつけることが少なくなく、ベゼル等は既に傷だらけですが、Gショックにはこのような使い方が合っていると思います。これから買われる方にもお勧めできます。
Amazon カスタマー

主な特徴

  • 世界6局(日本2局、中国、アメリカ、ドイツ、イギリス)の標準電波を受信し、時刻を修正するマルチバンド6
  • タフソーラー
  • 耐摩耗性を強化するDLCを施したスクリューバックメタルケース
  • 装着感の良いソフトウレタンバンド
  • 自動発光してくれるオートライト機能
  • 防水性能 : 20気圧防水 (日常生活用強化防水)
  • 精度 :±15秒以内/(非受信時)

便利な機能「フルオートELバックライト」

DW-5000には便利な機能「フルオートELバックライト」が付いています。これは暗闇の中、時計を目線のたかさへ傾けると自動発光してくれる優れた機能です。

最近のアナログ時計は押しボタン式の発行ライト機能がありますが、暗闇でライトをつけなければ確認が困難で手間な時があります。街灯のない道がいつもの帰宅コースならオートライト機能は非常に嬉しい機能です!

よく比較される5600シリーズとの違いは?

DW-5000

1983年に発売。G-SHOCKの原点であり、ファーストモデルと呼ばれる。スクリューバックでバックライトは豆球。装着感の良いソフトウレタンを採用。バンドの長さは18cm

DW-5600

1987年に発売。アクション映画「スピード」で主演の俳優が身につけていたことが由来でスピードモデルと呼ばれる。スクリューバックでバックライトは豆球。ここはDW-5000と同じですね。バンドの長さは20cmDW-5000より少し長めです。

上記の通り、機能性には違いはほとんどなく、見た目もそっくりと言われていますが、DW-5600の方が少し大きめに見えます。

カシオ Gショック GW-5000-1JF デジタル ソーラー・電波時計 腕時計 メンズ

最高に格好良いG-SHOCKのメタルカスタマイズ

G-SHOCKを購入する際に、1番引っかかるのが人と被ってしまうのではないかといったことです。

先ほど紹介したDW-5000とDW-5600モデルも見た目にほとんど変化がありません。

私は、日々の生活の些細な場所に現れる小さなこだわりこそが、その人を表す個性だと思っているので、1品モノを好んでしまいます。そのため社会人になっても、セレクトショップやファストブランドではなく、古着屋さんに足を運んでは、インナー、パンツ、アウターまで1品モノを探しに行っていました。

ここでは、私がおすすめする最高に格好良いG-SHOCKのメタルカスタマイズを紹介したいと思います。

銀の腕時計DAMUE

DAMUE(ダミュー)」とは、普遍的な人気を誇るタフウォッチG-SHOCKを、ブランド独自で設計したシルバーパーツで大胆に換装したカスタムG-SHOCKを展開するブランドです。浅草に住む若いデザイナーを中心に卓越した技術を持つ職人達によって作られています。

イメージ的には、先ほど紹介したG-SHOCKの時計に、銀のメタルパーツを嵌めるイメージです。

DAMUE(ダミュー)の魅力

G-SHOCKの一部のパーツを銀純度92.5%の「スターリングシルバー」で整形し置き換えたカスタムG-SHOCK。

無骨でタフなイメージのG-SHOCKに洗練されたシルバー素材を合わせることにより男らしく上品さを兼ね備えるという稀有なバランスの逸品です。

圧倒的な存在感

全体コーデの中でメインとはならない小物アイテムの中に、圧倒的存在感を放っているのが、DAMUE(ダミュー)の魅力の1つです。主張が強すぎるわけではなく、さりげなく見せる”こだわり"は周りの人の興味を持たせるような魅力があります。

経年変化を体感できる

経年変化で言うと、革物をイメージしますが、帆布や真鍮のように布や金属でも使っていく内に風合いが変化し、味わいが深まる素材は数多くあります。

中でも革と双璧を為して変化の過程を楽しまれている素材がで、明るく光り輝き高貴なイメージを持つ銀ですが、使っていく内に空気中の硫黄成分や汗に反応し、黒く深みのある渋い色に変化していくのが特徴です。リングやジッポーなどもその部類に入ります。

長く使えば使うほど、他の誰も持っていない世界に一つだけのアイテムに成長をしてくれますし、素材もデザインも大人っぽいので自分が年を取るほどより馴染んで似合うようになってくる1品だと思います。

シーンを選ばす、オールラウンドに使用できる

Processed with VSCO with g3 prese

Processed with VSCO with hb2 preset

スターリングシルバーの輝きはスーツスタイルを格上げしビジネスシーンでも使えますし、カジュアルスタイルでもグッと特別なものにしてくれます。
DAMUEのウォッチの良いところはシルバー素材の主張はしっかりしながらも、いやらしさを感じないこと。これこそがG-SHOCKのカジュアルさとシルバー素材の上質さが絶妙なバランスを生んでいる理由だと思います。

カスタムできるG-SHOCKのモデルは?

G-SHOCKを既にお持ちの方や、これから購入をご検討されている方はどのモデルがカスタムに対応しているのか気になりますよね。

以下のシリーズがカスタム可能なモデルになります。

  • G-SHOCK 5000
  • G-SHOCK 5600
  • G-SHOCK 6900
  • G-SHOCK GD-I
  • G-SHOCK GD-II
  • G-SHOCK GA-I
  • G-SHOCK GA-II
  • G-SHOCK Frogman
  • BABY-G

こちらがDAMUE(ダミュー)の公式ホームページになります。購入をご検討されている方は、1度公式ホームページにて確認されることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、私がお勧めする「G-SHOCK GW-5000-1JF」と最高に格好良いG-SHOCKのメタルカスタマイズを紹介しました。

個人的には、全体コーデの中でメインとはならない小物アイテムの中に、こだわりの1品を身につけている方を見るとどうしても気になってしまいますし、その人自体に興味を持ってしまいます。言葉遣いや振る舞いからも、強い偏愛や”こだわり”が感じられる人が好きです。

私自身も、身の回りのモノに対する”こだわり”を持っています。特に「毎日」身につけるような自分の中の定番アイテムは、心から使っていて気持ち良いモノ、そして作り手の想いが感じられるモノだけを選ぶようにしたいですね。

今回の記事を読んでいただいて、時計でだけでなく何か1つでも"こだわり"の1品を見つけていただけたら嬉しいです。

おすすめの記事