【フルメタル】初代G-SHOCKを継承する初のチタンモデルが最高にお洒落!GMW-B5000TB

カシオ計算機は9月19日、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品となる「GMW-B5000TB」を発表した。

初代G-SHOCKの姿を受け継ぎつつ、フルメタルのボディを実現した人気のGMW-B5000シリーズで初めて、外装に軽量なチタンを採用したモデルになる。11月8日に発売し、税別価格は150,000円+税となる。

今回は新製品となる「GMW-B5000TB」の主な特徴、仕様・機能に迫っていく。

異色のカスタムG-SHOCKに興味がある方は、以下の記事も合わせて読んでいただきたい。

従来のベースモデル「GMW-B5000D」

G-SHOCKシリーズの原点ともいえる初号機「DW-5000C

G-SHOCKの初号機「DW-5000C」が発売されたのは1983年。落としても壊れない時計を つくるという開発者の熱き信念。当時の常識を覆す、 無謀ともいえる挑戦からメカ屋好みの耐衝撃時計として市場へ。

2018年、初代モデルDW-5000Cの発売から35年の時を経て、「外装の進化」「構造の進化」「モジュールの進化」をコンセプトに、フルメタル化を実現し、Connectedエンジンを搭載したGMW-B5000D。

本製品のイメージは便利なテクノロジー機能を追加したイメージに近く、時計もIoTが進んでいる時代でApple watchsmart watchが流行っているが、これほどメタリックでビジネスウォッチに近い時計は他にない。

G-SHOCK Gショック GMW-B5000D-1JF 【安心の3年保証】
created by Rinker
¥52,800 (2020/03/31 10:48:41時点 楽天市場調べ-詳細)

新製品となる「GMW-B5000TB」

新モデルのGMW-B5000TBは、ケース、バンド、ベゼル、裏ぶた、ボタンといった外装のメインパーツに、チタンを用いている。

チタンは、メタル腕時計の一般的な素材であるステンレスよりも軽く、先程紹介した従来モデル(GMW-B5000D)と比べて57gの軽量化

各メタルパーツの表面には硬度を高めるDLC処理を施し、風防は傷に強いサファイヤガラス。フェイスの液晶は、従来モデルと同様に斜めからでも時刻を読みやすいSTN液晶

デザイン面では、「DW-5000C-1B」を再現しており、ブラックのケースにゴールドの文字やラインをアクセントとし、カラーリングを継承。裏ぶたは気密性の高いスクリューバックを採用。

DW-5000C-1B

 

また、スマートフォンとBluetoothでつながる「スマートフォンリンク」機能を搭載。こちらも従来モデル同様、iOS用・Android用の専用アプリから、時計の時刻修正、ワールドタイムといった設定を分かりやすく行える。

GMW-B5000TBの主な特徴

GMW-B5000TBの主な特徴を以下にあげる。

・ファインレジン緩衝体を挟むことでフルメタルケースでも耐えうる耐衝撃構造
・耐摩耗性に優れるDLC処理を施した高い質感のスクリューバック
・フィルムソーラーセルや、斜めの角度からでも時刻表示が判読しやすいSTN-LCD(液晶)によるクリアな視認性
・スマートフォンリンク(約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、リマインダー、タイム&プレイス、携帯電話探索、バッテリーインジケーター表示(7段階で表示))
・世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
・タフソーラー
・ワールドタイム5本
・高輝度なフルオートLEDライト(スーパーイルミネーター、2秒/4秒残照時間切替、フェードイン・フェードアウト付き)
・6ヵ国語(英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語)の曜日表示

以上の特徴から分かるように、主な特徴は従来モデル(GMW-B5000D)とほとんど変わらないのだ。仕様・機能面も仕様書を見比べてみたが、大きな変化は無い。
新製品のGMW-B5000TBは、従来モデルからデザインが変更され、軽量化されたことが特長になる。また、材質もチタンを採用しているためマットな質感を好む人にはおすすめである。
次回は、カシオ2019年秋冬の時計新製品会で発表された「G-SHOCK カーボン・メタル」に迫っていく。
おすすめの記事