【2019年版】iPhoneで使えるLightning-USBケーブル激選!価格・耐久性・充電速度を徹底比較しました

「充電ケーブル、、また断線した」

「ケーブルによって充電速度変わるの?」

「Amazon見たけど、結局どれが良いの?」

と思ったことはないだろうか。

実は「これが1番良いよ!」と言うのは難しい。その理由は、各ケーブルがそれぞれのメリットを持っているからだ。

そこで今回は、あなたに合ったiPhoneで使えるおすすめのLightning-USBケーブルを紹介する。重要な要素である、価格・耐久性・充電速度の3点に着目した。

断線しにくい!耐久性が重要な方はコレ

BELKIN(ベルキン)

最大限の耐久性を実現するため、強度を追求したケーブル。

ケブラー素材という、防弾チョッキにも使用されている優れモノを採用している。よってワイヤーの内部が完全に保護され、断線がほとんど無くなる。

ある記事で、耐久テストを行っていたが、接合部が全く損傷しなかったのはこのケーブルのみ

「充電ケーブル、、また断線した」という方は、選ぶべき逸品である。

早い!充電速度が重要な方はコレ!

ANKER(アンカー)

正規品を越す充電力を持つケーブル。

なぜ、純正ケーブルより充電速度が早いのか?実は、純正品は充電をして残量が70〜80%程度になると、バッテリーを保護する機能が働き、充電スピードが落ちるそうだ。

ここで注意してほしいのは、充電速度は早いが、本体のバッテリー状態の浪費が早くなる危険性があること。

本体のバッテリーについては、以下の記事で詳しく説明しているので、是非参考にしてほしい。

充電速度が早いのがANKER(アンカー)だが、実は耐久性にも優れている。耐久テストでは、BELKIN(ベルキン)に続く耐久性を持っている。

さらに、価格が安いのが魅力的。ケーブルとは言っても「消耗品」なので、お金をかける必要はないと考える。

バランスの取れたケーブルは、間違いなくANKER(アンカー)である。

まとめ

今回端から端まで調べて「結論だけ述べる」という、凄く簡単な説明になったが、以下が最終的な考えである。

耐久性が重要な方

充電速度が重要な方

価格が重要な方

結果、ANKER(アンカー)がコスパが良いという結果になった。

ちなみにこの事を知らなかった私は、先日迷わず純正ケーブルを購入。

純正ケーブルのため、本体のバッテリー状態の浪費については心配ない。しかし、次ケーブル買うとしたら、間違いなくANKER(アンカー)を購入するだろう。

おすすめの記事