保温だけじゃない!スマホをワイヤレス充電できるカップウォーマー

コーヒーの保温とスマホの無線充電の二刀流

夏が終わり徐々に気温が下がってきたこの時期。

ホットコーヒーを飲む人も増えてきたことだろう。

今回はスマホのワイヤレス充電器としても使えるカップウォーマーを紹介する

Max Mit カップウォーマー

 

まずは簡単に特徴を紹介する。

 

  • 最大10Wのワイヤレス充電
  • 飲み物を40〜55度で維持
  • スマホの過充電防止機能
  • 350mlの専用マグカップ付属

ワイヤレス充電機能はカップウォーマーのオマケだろう。当初私はそう考えていた。

だがこの商品の充電出力は最大10W。それに対してiPhoneが対応している最大出力は7.5W。

お使いのスマホがiPhoneであれば最高速度で充電することが可能だ。

使い方

使い方は非常にシンプル。

付属しているマグカップにコーヒやココアなどを注ぎ、USBに繋いだ当商品の上に置くだけ。

マグカップが置かれている間はカップウォーマーとして飲み物を40〜55度で保温し、スマホが置かれている場合は充電してくれる。

安全にも配慮されていて、充電器本体は熱くなりにくいように設計されているので火傷の心配が無い。

またスマホの充電が完了すると自動で充電を停止してくれるのも嬉しいポイントだ。


Max Mit コップ保温器 保温 コーヒーウォーマー qi 充電 2way 55℃ マグウォーマー 重力センサー 飲み物保温 ワイヤレス充電器 オフィス 家庭用 (ブラック(カップ付き))

ワイヤレス充電器は複数個持っておくべき

まず最初にワイヤレス充電器は複数個持っておくべきだということをお伝えする。

私たちは自宅にいる際も常に同じ場所で同じことをしているわけではない。

  1. リビングで食事
  2. 自室で読書
  3. ベッドで寝る
  4. キッチンで料理をする

など様々だ。

ワイヤレス充電器が自宅に1つしかない場合、1つの場所でしかスマホを充電できない。これでは充電が必要な度にその場所に行かなくてはならない。

置くだけで充電できることが便利なワイヤレス充電なのに本末転倒ではないだろうか?

自宅のよく使う場所全てに設置することで充電場所を気にする必要がなくなるのでオススメだ。

ワイヤレス充電器にはそれぞれ適した場所がある

ワイヤレス充電器には様々な種類がある。また、それぞれの充電器に適した場所がある。

例えばAirPodsなどのイヤホンやApple Watchも充電できるタイプの充電器。

Apple Watchの使い方は人によって様々だ。通知確認用に入浴時にも使うという人も居れば睡眠トラッキング用に睡眠時に使う人もいる。

ではどのタイミングで充電するのか。

お風呂に入っている間に充電したい人は洗面所に置くべきだし、寝てる間に充電したいという人はベッド横に置くべきだ。他の場所にApple Watchの充電器を置く必要はない。

自分の生活を分析し、適した場所に適した充電器を置くことでより便利に使うことができる

Max Mit カップウォーマーの真の魅力

 

皆さんは自宅にいるとき、スマホをどこに置いているだろうか。

おそらくテーブルの上に置いている人が最も多いと思う。コーヒーやココアのコップを置くのもテーブルの上だ。

カップウォーマーとワイヤレス充電器、一見関係性は無いように思われる。だがテーブルの上にあったら便利という面では共通しているのだ。

テーブルにあったら便利な機能2つがセットになっているという点でMax Mit カップウォーマーは非常に魅力的。


Max Mit コップ保温器 保温 コーヒーウォーマー qi 充電 2way 55℃ マグウォーマー 重力センサー 飲み物保温 ワイヤレス充電器 オフィス 家庭用 (ブラック(カップ付き))

まとめ

いかがだっただろうか。

今回はスマホのワイヤレス充電器としても使えるカップウォーマーを紹介した。

使う場所が同じ機能が1つの商品にまとまっているというのが最大の魅力だ。

2台目、3台目のワイヤレス充電器を買おうとしている人にはぜひオススメしたいと思う。

おすすめの記事