海外出張はこれで安心!世界203ヵ国対応の音声通訳機は必需品間違い無し

初めての海外出張。「英語でやり取りできるか心配。。」

海外出張は、英語でビジネストークをしなければいけない場面がある。それ以外にも宿泊先のホテルや、レストラン1つをとっても不安要素は大きい。

不慣れな海外で、思いもしなかったハプニングや、予定通りに行かない事も多々ある。

そんな時に「万能な翻訳機があればなあ。。」と思う方も少なくはないだろう。

今回は、Amazonでも評価の高い「LERANDA MINITALK T8 pro」を紹介。「1つ持っておきたい!」と一度でも考えた方におすすめする実力派商品である。


LERANDA MINITALK T8 pro(レランダ ミニトーク T8 pro)世界203ヵ国対応 瞬間双方向 翻訳機 写真翻訳 録音翻訳 Bluetooth接続 オンライン式 音声通訳機 携帯翻訳機 中国語 英語 日本語翻訳 (ブラック)

何が凄いの?この翻訳機

海外出張で困らない翻訳機「LERANDA MINITALK T8 pro」。

これまでは、近隣国の言語が翻訳できる機器はいくつか紹介した。

本商品の1番の特徴は、「世界203ヵ国対応」である事。「そんなに必要ない。。」と思った方もいるかもしれないが、行った先の国の方が共用言語を必ず話している保証はない。

私が住んでいるマレーシアでは、マレー語、英語、中国語(2種類)、韓国語、アラビア語、ヒンディー語など、またまだ数えきれない言語が飛び交っている。

またローカルのレストランに行けば、英語が通じない事は日常茶飯事である。

多言語機能以外の主な特徴は

  1. 録音翻訳機能
  2. カメラ翻訳機能
  3. Bluetooth接続
  4. 最速翻訳機能(翻訳スピード0.2秒)
  5. イヤホン接続時のノイズキャンセル機能
  6. 画面上翻訳機能
  7. 大容量バッテリー(連続使用約12時間)
  8. 双方向会話可能

特に他の翻訳機には無い、優れた機能として写真翻訳機能があげられる。

対応言語数は落ちるが、主張先で受け取る書類やお店の文字、駅の改札文字を翻訳したい事もあるだろう。

そんな時にかざすだけで翻訳してくれるのは、便利な機能。

こちらの動画で、詳細に解説しているので是非参考にしてほしい。


LERANDA MINITALK T8 pro(レランダ ミニトーク T8 pro)世界203ヵ国対応 瞬間双方向 翻訳機 写真翻訳 録音翻訳 Bluetooth接続 オンライン式 音声通訳機 携帯翻訳機 中国語 英語 日本語翻訳 (ブラック)

 

デメリット

本製品は「WiFiに接続しないと使用できない」というデメリットがある。

WiFiがある場所は限られているので、出張先やホテルは困らないだろう。また、ポケットWiFiを持ち歩くのも良いかもしれない。

また、出張先のホテルにWiFiが無い場合は、こちらの記事が参考になる。

まとめ

海外出張で会話ができないことは、不安要素の一つである。

慣れていない環境で、「予定通りに動くことができずに困った」と行った話はあるあるである。

準備が確実に必要になってくるが、本機があるだけで仕事面以外の不安要素はなくなるだろう。

おすすめの記事